zaisekikakuninrenraku

プロミス審査とその方法

プロミスに申し込みをするときには、年齢20歳から69歳の本人で、安定した収入がある人でなければいけないです。

また、主婦や学生でも、パートやアルバイトで働いており、安定した収入がある、と判断されたときには利用することが可能だということです。安定した収入があれば、勤務形態などを問わずに申し込みすることが可能です。

このほかにも、申し込みをする時に、住所や電話番号などを記入しなければいけないのですが、このとき、必ず明確な居住地が必要になります。そして、本人確認書類の提示を求められるので、絶対に用意しておくことが大切です。

そして、プロミス審査でも大切なのが信用情報です。信用情報では、他社での借り入れの状況や過去の借り入れをした履歴、返済遅滞、債務整理などの事故情報というものがわかります。

これらの信用情報はプロミス審査でもとても重要なものだといえます。たとえば、他社ですでに借り入れが返済に困るほど行われているときや、過去に大きな返済の遅延があったりする場合はプロミス審査には通過することができない可能性が高いです。

プロミス審査を通るためには、きちんと返済をして、借り入れに事故情報がないようにしておくことが大切です。

プロミス審査に有利な職種があるのか

プロミス審査で有利になる職種などがあるのか、というと、正社員で勤務しており、勤続年数が長くて年収も高ければ、プロミス審査にはとても有利なのだといえます。最も安定している職業と考えられるのは公務員だといいます。

ですが、年収が高かったとしても月々の収入が安定していなかったり、給与の金額が上下しやすい職種の場合だと審査に通りにくいということです。

なので、実は年収が低いとしても、毎月必ず一定した給与の所得がある、と考えられる人のほうが信頼性が高いと審査では判断されます。これはパートやアルバイトなどでも同じことで、一時的に高額な日給を得ている人よりも、時給が低くても定期的にしっかりと収入があると判断される人の方が審査には有利になります。

これらの考えから、個人事業主だったり、自営業の人がプロミス審査に申し込みをするときには、どうしても厳しくなってしまうと理解しておくといいです。

もちろん、申し込みをすることが可能なのですが、必要書類などが普通の会社員の人よりも多くの源泉徴収票などの書類の提出を求められる、と考えておいておくといいということです。

有利になる職種はいろいろとありますが、やはり返済をしっかりとできると確信できるものがいいといえます。

勤務先への在籍確認について

プロミス審査だけではなく、キャッシングやカードローンなどの金融業者に借り入れをするときには、必ず勤務先への在籍確認を行います

借り入れを申し込んできた本人がその職場で働いているのかを確認するためなのですが、キャッシングを利用するということが職場に伝わってしまうのではないか、と不安になる人もいます。

ですが、職場に知られてしまうということは絶対にないといえます。なぜなら、貸金業法という法律で、契約者以外の第3者に契約の事実を知らせてはならない、と決められているからです。

なので、直接職場に電話をしても、プロミスということを伝えるようなことは絶対にしないので安心して利用することができるのです。勤務先への連絡は、担当者の個人名を名乗ったり、架空の会社名を名乗ったり、借り入れをする人の希望する名前を名乗ったりすることもあるといいます。

勤務先に電話をしたときに必ず本人が電話口に出る必要もないので、もし勤務先から出かけていたとしても安心です。

また、申し込みした人が希望する、在籍確認に都合のいい時間帯を指定してもらい、在籍確認の電話をかける、という方法を行う場合もあるということです。

在籍確認の連絡は審査の最後に行う

勤務先にどうしても電話をかけて欲しくない、という人もいます。そういうときには、理由をきいて、その結果、やむを得ない、と判断されたときには、代替措置を取ってくれる場合もあります。

代替措置では、たとえば、その勤務先に在籍していることを証明できる社員証や在籍証明書、それから近い日付の給料明細書など、複数のものの提示をすることができるように準備しておくといいです。

ただし、審査の内容によっては電話で在籍確認をすることができない、ということで、しばらく時間がかかってしまう場合もあります。

会社に知られないように在籍確認を受けるときには、あらかじめプロミスの担当者の人に連絡のことで相談しておくようにしたり、あらかじめ勤務先への連絡のときの時間帯を決めておくなどをしておくのがベストだといえます。

連絡をすることで、勤務先に知られるような方法で在籍確認の電話をしたり、打ち合わせで決めた連絡方法をかえたりするようなことはないので、安心です。在籍確認は、普通は審査の最後に行われることが一般的です。

なので、在籍確認の連絡をとる、ということは、プロミス審査を通過したのだと考えてもいいということです。