zaisekikakunin

キャッシングは便利なシステム。

生活をしていく上で、お金というのは切っても切り離すことができない物です。お金を多く所持していれば幸せとは限りませんが、少なくとも様々な選択肢は増える事は間違いありません。日々生活をしているとどうしてもお金が必要になってしまったのに手元にお金がないという事は多々起こりうることです。そんな時に便利なシステムがキャッシングというシステムです。

キャッシングはあくまでも借金ではありますが、借りる方が借金という事を忘れなければ、非常に便利に利用することが可能です。

例えば給料日前の短期間の間に、親交のある方と急な飲み会が予定されてしまったのに、手元に余裕が無いために行けないというのはさびしいものです。給料日までの短期間だけキャッシングによる融資を受け、給料日になったら返済する事ができれば本人も親交のある方も幸せな時間を共有する事ができます。

融資を行う金融機関をうまく選択すれば短期間のキャッシングなら無利息で融資を受けることができるため、返済する額は元金だけです。金融機関は様々なキャンペーンを行っていますが、今お得なキャンペーンを行っている金融機関の一つとしてプロミスを例に紹介したいと思います。

過払い金請求による消費者金融不遇の時代。

消費者金融会社はここ数年不遇の時代が続いていました。その原因が過払い金請求です。過払い金請求を少し説明しておくと、今から10年ぐらい前まで、金融機関の利息というのは世間で知られている大手の消費者金融会社でも最大で年率で28.0%程度の金利による融資が一般的でした。

現在では法律で金利上限が18.0%程度に設定されていますが、この10.0%程度の誤差をグレーゾーン金利と言われていました。

金利上限18.0%に定めるとした法律の施行後、過去に遡って、グレーゾーン金利の部分を消費者金融会社から取り戻す事ができるようになりました。このことにより躍起になったのが弁護士事務所や司法書士事務所です。

弁護士や司法書士が消費者金融会社との仲介をして払い過ぎた金利分を取り戻す流れが非常に活発になりました。

もちろん仲介料として手数料が発生しますが、多額の融資を受けている方にとっては、元金が減額されるだけでもありがたい話ですし、既に完済をしている方にとっては思いもよらない所から臨時収入が得られるという感覚になってしまうため、この過払金請求の流れは数年前まで活発にテレビCMで見るほど動きを見せていました。

お得なキャンペーンの有効活用。

この過払金請求の流れは、消費者金融会社に大打撃を与えました。リストラを余儀なくされた会社や倒産してしまった大手の会社も少なくありません。

不遇の時代もここ1,2年で落ち着いてきています。一時期ほどテレビCMで過払い金について見なくなってきたと思います。

それは、グレーゾーン金利の請求が、法律制定後10年まで可能であり、その10年がそろそろ経ちます。不遇の時代を乗り越えた消費者金融会社にとってこれからの数年は失ってしまった顧客を取り戻す期間に入ります。

ですので消費者金融会社では各社お得なキャンペーンを行っているという訳です。前述のプロミスを例にすると、様々な種類のローンの形態があったり、ポイントが付与されたりします。

初めての借入で金利サービスがある

一番うれしいのは、初めてキャッシングを利用する方は、30日無利息で融資を受けることができるキャンペーンです。メールアドレスの登録やWEBでの明細利用を行えば、30日間金利0でキャッシングを行えます。

つまり月初めに10万円融資を受けたとして通常であれば30日後に返済する額は、元金の10万円と1500円程度の利息を返済しなければいけませんが、このキャンペーンを利用すれば返済額は10万円のみです。

プロミス審査には在籍確認があります。

プロミスと契約を行うためにはプロミス審査があります。プロミス審査は店舗、無人契約機、インターネットで申し込みの際に行われます。

プロミス審査の概要

まずプロフィールを申告しますその情報を基に、消費者金融の過去の実例でプロミス審査が行われます。審査をクリアすると第三者信用機関に問い合わせを行い、申告内容に間違いないか照合されます。

ここで照合されるのは他の金融機関との取引が申告内容と間違いがないかということです。

ここまでくればプロミス審査の半分が通過となります。ここからのプロミス審査は契約の担当者が、お勤め先へ電話する在籍確認となります。

この在籍確認で心配なのは、お勤め先の上司の方や同僚の方に契約の事が知られてしまうのではないかだと思いますが、この場合の在籍確認は、会社名ではなく個人名で契約者を呼び出してもらう事が在籍確認になりますので心配ありません。この在籍確認が非常に重要です。

在籍確認の時に本人が会社にいなくても、呼び出してもらえる流れになれば在籍確認となりますので、お勤め先は正確に申告する必要があります。

非常がプロミス審査の流れです。プロミス審査を通過すれば本契約となり融資が可能ですので、プロミス審査で申告する情報は正確に申告しましょう。キャッシングは利用する方が自覚を持って利用すれば便利なシステムですので便利に活用しましょう。