yoshimpoint

現時点の与信結果で提示される利用限度額

プロミスで個人が最大で借りることができる金額は500万円ですが、利用できる金額は審査の上、決定されます。

プロミスは大手銀行グループに属する消費者金融で、知名度も抜群の会社です。ネットから申し込めることができ、アルバイトやパートの方でも安定した収入があれば利用できます。

大手のプロミスを利用する際に気をつけたいポイント

貸金業法に基づき審査が行われる点で、総量規制により、年収の3分の1を超える金額は利用できないということです。

先の最大の融資額を借りようとすれば、年収1500万円以上となりますが、これも他社の借入や利用中のローン、家賃や月々の収入など返済能力を基準に利用限度額額が決定されます。

プロミス審査に限らず、年収だけでなく、無理なく返済できるかどうか、返済に回せる可処分所得も基準になります。また、総量規制により初期に設定される金額は50万円以下で、この金額以上を希望する場合は収入証明書が必要となります。

そのためプロミス審査の注意点としては自ずと利用できる金額が年収により制限がある点と、銀行カードローンと違い、希望額によっては収入証明書が必要となることを理解する必要があります。

新規契約時とは別に実施される途上与信

プロミス審査は初回の申し込みだけでなく、利用途中でも実施されます。

途上与信と呼ばれるもので、これも貸金業法で定められているものです。3ヶ月に一度の割合で実施されますが、この途上与信のプロミス審査でチェックされるのは他社の利用分です。

こうした他社の利用が増えることに神経を尖らせているのも、プロミスをはじめ大手の消費者金融の特長で、信用状態の悪化とみられることがあります。

※ 例え、滞りなく返済しているとしても、他社の借り入れは返済不能になるリスクが増えることでもあり、利用可能額がゼロになる他、増額できない恐れが出てきます。増額は限度額の変更であり、極度額の範囲内であれば、その金額の範囲内で実施され、それ以上の金額を希望する場合は新たに契約する必要が出てきます。

総量規制で定められているのは2社以上で100万円の利用残高で、これ以上の金額となると、収入証明書の提出が求められます。すなわち、収入証明書の提出で返済できることを証明する必要があるのです。

新規契約後は3ヶ月に1度の割合で、その後は3ヶ月に一度のペースでプロミス審査は行われていることも気をつけたいポイントです。新規申込時だけでなく、利用実績が信用のベースで、増額申請もこの実績次第となります。

貸金業法が改正される前は新規申込時から比較的に早い段階で増額も実施されていましたが、途上与信の厳格化でタイミングが伸びています。

利用実績によって変化する信用度

新規申込時と途上与信によるプロミス審査をクリアする最良のアクションはきちんと返済していること、また利用限度額を使い切ることなく、確実に返済を続けていることです。

他社の返済が増えることなく、収入面など返済能力に問題なしと判断されると増額申請に通る確立も上がります。

その増額で得られる金額もその時点の収入や返済能力に照らし合わせたものとなりますが、延滞することもなく、他社件数も増えることがなかれば、信用度も上がります。また、途上与信でチェックされる情報の元となるのは信用情報機関であり、プロミス審査の場合はJICCとCICの二つに登録しています。

JICCに登録している企業は消費者金融を中心とした貸金業者、CICは消費者金融の他にも信販会社やクレジットカードの会社などが加盟していますから、この利用分も信用度を見極める査定材料となります。

キャッシングは返済できていても、カード利用分に延滞がある場合も、増額とならないケースがあるので注意したいところで、短期間に債務が増えていないことも増額申請のプロミス審査のポイントになります。

また、債務情報の他にも本人情報に変更がないかも、途上与信という第二のプロミス審査でチェックされています。

届け事項の変更も増額申請に欠かせないアクションの一つ

プロミスの会員規約にも本人情報の変更は明記されています。多くは届け事項の変更という項目で明記されていますが、個人の情報を元にして、現在の借り入れ額が実行されているので変更届けは会員の義務となります。

特に住所と勤務先・電話番号の変更は確実に変更を届けることが大切です。なかでも、変更を怠りがちなのが勤務先の変更です。

収入増となる転職であれば、変更届けも出しやすいものですが、逆の場合は届け出も躊躇しがちです。

それでも変更届けを出すこと、変更前と比べてそれほど変わらない収入である場合は、現在利用中の融資額に影響することもないでしょう。

それよりも、変更届けを出さないことにより、信用度のダウンの方が後々の増額に影響を残すことにもなります。

新たに借り入れを行った金融会社で転職した勤務先で申請した場合、この情報も信用情報機関を通してみられることになります。

ある会社では登録が変更されているのに、プロミスの利用分は変更されていないとなると、これも信用に関わる問題となる訳です。

総じてプロミス審査は新規契約時と利用途中の2段階で実施され、実績に応じて信用度も上下します。とりわけ増額は返済金額も増えることでもあり、他社件数や信用情報機関の債務情報、プロミス自体の利用実績が基本ベースになっています。