プロミスでお金を借りるには

webkanketsu
プロミスでお金を借りる場合にはインターネットやweb、電話や店頭、郵送など様々な方法でプロミス審査を受ける方法があります。

初めてだから店頭で人に会い、様々な書類を提出して審査を受けなければならないということはありません。

プロミスは最初の審査から、返済まで一貫してweb完結できます。

web完結をするためい利用できる端末

パソコンや携帯、スマホなど様々な端末でアクセスできますが、プロミスはどのような端末からもアクセスでき、利用の開始が可能です。

ただ、一つ注意点があります。web完結でプロミス審査を申し込むときには、即時に貸出とはならず、三十分ほどの時間がかかります。

そのため、急ぎでお金が必要な時には、あらかじめ余裕をもって申し込みましょう。

WEB完結よりはやく融資を望むなら

すぐに必要なときには店頭の自動契約機やATMを活用すると、プロミス審査を受け、契約後にすぐにキャッシングすることができます。

また、キャッシングが初めてで相談しながらお金を借りたいと考えるときには、プロミスコールと呼ばれる電話や、人のいる店頭で申し込むと不安を解消しながら申し込むことができます。

急ぎではなく人に会わずに契約したいときには、郵送契約を選ぶのも有効です。郵送の場合には、契約書やカードを自宅まで届けてくれます。

プロミスでお金を借りるときの流れ

プロミスでお金を借りるときには、初めて借りる場合には申し込みが必要です。定められた方法でお金を実際に借りることができます。その後、プロミス審査が行われ、キャッシングの利用可能額が決定されます。

審査にかかる時間は三十分ほどとなっていますが、状況によっては時間がかかってしまうこともあります。このとき、必要な書類があるので前もって準備をしておきましょう。

利用可能額が決まれば、契約となります。その後は実際にキャッシング可能となり、決められたキャッシング額の上限まで、お金を借りることができます。

キャッシングには振込手数料はかからず、webの場合には24時間いつでも利用ができます。

プロミスの場合には一度審査を受けてカードを受け取れば、その限度額内でいつでもキャッシングが可能となります。

webで申し込み、店頭やATMのキャッシングが可能

提携先金融機関のATMがあればキャッシングが行えます。そのため、コンビニで必要なときにすぐに借りることも可能です。

キャッシングの利息は当日分から計算しています。そのため、お金を借りた日に返却をしてしまえば、一切お金はかかりません。

プロミス審査をweb完結させるのに必要なもの

お金を借りるにはwebで必要事項を記入して申し込みが完了したら、お金が借りられるというわけにはいきません。

お金を実際に借りるためにはいくつか必要な書類があります。プロミス審査をweb完結させるために必ず必要なのは、本人確認書類が必要となります。

本人確認書類として有効なのは運転免許所です。ただ、免許所を持っていないという場合には健康保険証パスポートが必要となります。

運転免許証等の本人確認書類と現在の住所が同じであればこれで完結しますが、住所が違う場合には社会保険料や地方税の納税証明書などが必要となります。

これらを携帯のカメラやスマートフォンのアプリで撮影して、データを送付するとプロミス審査が行われ、結果が後ほど届きます。

パソコンから申し込むときにはスキャンしてデータを送付することもできます。これらの方法が選択できない時には、店頭や郵送などほかの手段でのプロミス審査を検討してみましょう。

借入額が大きい場合には

源泉徴収票、確定申告将、給料明細書などの所得を示すものが必要となりため注意しましょう。

これらの書類が必要になる条件としては50万以上を借りたい場合や、ほかの会社と併せて一定額以上の借り入れを行いたい場合に該当するようです。

プロミスの会員サービスでできること

プロミスは審査だけではなく、プロミス審査を終えた後の手続きもインターネットの会員サービスから可能です。

お金を借りるときに一番重要なものは、いくら借りていて、どれくらいの返済をするのか、もしくはかかっている利息についてといった返済に関することです。

こうした返済に関するものは基本的にプロミスインターネット会員サービスできます。

また、返済予定だったが、返済日を変更したいという、返済の根幹にかかわる部分もインターネット上の会員サービスで大半のことをweb完結させることができます。そのため、困ったときにはまず会員サイトのほうを確認しておきましょう。

一度カードを作ったあとに引っ越したり、電話を変えたりと生活環境が変わることもあるでしょう。そうした手続きもweb完結させることが可能です。

多くのことを会員サービス上でこなすことができますが、いくつかweb完結させられないものもあります。

それはカードの暗証番号を忘れてしまった、カードを再発行したいなど、お金の貸し借りにおいて重要な部分です。そうしたときはweb完結できないため、自動契約機やサービスプラザを活用するようにしましょう。