tsuikayushi

プロミス審査をはじめて受ける方は少ない金額で

プロミス審査に挑戦する方は、少ない金額で申し込みをしましょう。審査に落ちてしまう原因の多くは、借入額が高額すぎるからです。

消費者金融は審査が甘いと言われてきましたが、現在は返済能力の範囲内でしか融資しません。返済能力を超えて借りても、返済できなくて困るのは自分です。延滞すると遅延利息が発生し、デメリットしかないのです。

借入額を少なくすることがデメリットだと言われる方もいますが、返済するときになってメリットを実感できるものです。利息は借入額に比例して大きくなるので、利息を減らすには借入額を減らすのが一番です。プロミスの限度額は500万円ですが、誰もが500万円借りられるわけではありません。

消費者金融のプロミスは総量規制の対象となり、借入額は年収の3分の1までとなります。500万円を借りられる方がいるとすれば、年収は確実に1,500万円以上あります。

年収1,400万円あっても、500万円を借りることはできません。医師や弁護士などの高額所得者でも、現実的に500万円借りることは容易ではないのです。

プロミス審査を受ける方は、必要な金額内においてなるべく少ない金額を希望することです。

プロミス審査は追加融資のときもある

プロミス審査があるのは、契約するときだけではありません。追加融資を受けるときも、増額審査があります。

新規申し込みとは異なる審査があり、追加融資の審査はネット、電話、プロミスコール、店頭窓口などから可能です。追加審査で求められる条件は、増額したあとの借入額を完済する能力があるかどうかです。

返済能力を超えた追加融資を希望しても、プロミス審査に通過することはありません。プロミスを含めた他社キャッシングの借入総額が年収の3分の1以内である必要があります。現時点ですでに年収の3分の1に達していれば、追加で借りることはできないのです。

追加融資を受ける場合に注意したいのは、借入額を大きくしすぎないことです。10万円から20万円に増額する程度ならさほど問題ありませんが、50万円でも足りなくて80万円に増額するような状況は注意が必要です。

高額融資になるほど、利息も比例的に増えてしまうからです。実質年率が同じだとすると、借入額が50万円と80万円では利息が1.6倍も変わってきます。

追加融資時に少し年率が下がったとしても、利息の増額分のほうが負担は大きくなります。利息を減らすためには、不必要な増額を避けることも大切です。

追加融資における注意点とは

追加融資のプロミス審査では、はじめてのプロミス審査のときよりも高い返済能力と信用力が求められます。

借入額が大きくなるほど月の負担は増すので、業者側もシビアに審査をします。返済計画というのは、返済期間が長期化するほど狂いやすいのです。返済期間が6ヶ月ならば、多少無理して完済することも可能でしょう。しかし、5年といった長期プランになると、思い通りに返済が進まないものです。

お金はまったく予測できないタイミングで必要になります。病気をするタイミング、クルマが故障するタイミングなど、予測することは不可能でしょう。思わぬ出費があれば、返済計画が予定通りに進まないことになります。

追加融資においては、可能ならば受けないのが一番よいです。もし追加で借りる場合は、毎月の返済額を今よりも増やしていきましょう。借入額が1.5倍になった場合は、返済額も1.5倍以上に増やすのが好ましいのです。

定額返済は便利なものですが、利息が増えるというデメリットがあります。安全にプロミスから借りるためには、1回返済を繰り返すような利用法がベストでしょう。

借りたお金は1回で返済すると決めておけば、利息を払いすぎる心配はありません。

追加融資の申し込みをするタイミングは?

追加融資のプロミス審査をするタイミングは、契約からある程度経過したころです。契約直後に増額融資の申し込みをしても、応じてくれる可能性は低いです。契約時点では信用がまだ低いため、コツコツと返済して信用を作っていく必要があります。

そのためには一般的に1年程度かかりますが、6ヶ月程度で増額対応してくれるケースもあります。

プロミス審査で問われるのは返済能力信用実績の2つです。返済能力が高いから、信用も高いとは言い切れません。年収1,000万円オーバーの方がキャッシングを利用して、度々延滞するという話はよくあります。

きっちり返済を続けられるかどうかは、性格によるところも大きいでしょう。将来的に追加融資のプロミス審査を検討している方は、それまで遅延しないように注意しましょう。1回くらい遅れてもよいと考えてしまう方は、2回、3回と遅れてしまうのが現実です。

遅延しないために大切なのは、無理のない金額を借りて、月の返済額を確実に返済できる額に抑えることです。

その上で返済方法は口座振替を選択するといいでしょう。プロミスでは口フリと呼ばれる口座振替サービスを用意しており、手数料無料で確実に返済できます。