tesuryo

プロミス審査でも利用している信用情報について

プロミス審査で行うのは、まずどんな金融業者でも行う信用情報の確認です。信用情報というのは、信用情報機関で、管理と保持をされている、個人の申込み、契約、借り入れ、返済などの利用状況を調べることができます。

契約しても問題ないか、ということを判断するために、どの金融機関も必ず登録している信用情報機関を通じ、その人の信用情報を確認しているのですが、プロミス審査でもしっかりと確認して、審査を丁寧に行っています。

3つの信用情報機関がある

国内の金融機関はこの3つの信用情報機関のうちの1つに必ず加盟しているので、すぐに調べることができるようになっているのです。

株式会社日本信用情報機構と、株式会社シー・アイ・シー、全国銀行個人信用情報センターで、最近ではこのなかの2つ以上の信用情報機関に加盟している金融機関が増えてきています。

基本的には加盟している信用情報機関にある信用情報しか見ることができなくなっているのですが、一部の情報は3つの信用情報機関で共有されています。なので、どこの加盟していても見ることができるようになっているのです。

それは、延滞、債務整理などの事故情報、カードの紛失や盗難に関する情報、本人からの申告情報などです。

プロミス審査でのポイントのこと

プロミス審査でみられるポイントというものがあります。まずは、借り入れ件数は何件か、借り入れ先はどこなのか、なぜ借り入れをしなければいけなかったのか、所得はいくらか、各借入先の利用限度額と借り入れ額、毎月の返済額などをみます。

これらのことをしっかりとみてから、審査を通すことができるかどうかを確認します。

また、プロミス審査では属性というものも大切だと考えています。属性というのは、個人情報そのものだともいえます。

たとえば、年収や職業、勤務先、年齢、家族構成もそうです。属性はコンピューターで自動的に点数で分けられていき、審査の判断材料になります。

属性として判断される情報

年齢や職業、勤務先、雇用形態、勤続年数、年収、居住形態や居住年数、家族構成、電話、健康保険の種類などです。

金融機関によってはもっと細かい項目が設定されていることもありますが、基本的にはこの9項目が属性の判断として利用されています。属性では、年齢が高いほど評価が高くなり、若いほど評価が低くなるという傾向にあります。

また、もっとも属性での評価が高くなるのは公務員であり、民間の大企業に勤務しているときにも高い評価がつくといいます。

金利はプロミス審査をする前に理解しておくべきこと

金融業者によって金利は違うものですが、金利とはそもそもなんなのかをきちんと知っておくようにするといいです。

そもそも金利というのは、年率のことをいいます。つまり、1年間お金を借りたときに発生する利息の割合のことを金利というのです。

  • 利息の計算方法

金利18パーセントで10万円を借りたとき、1年後に支払う利息はいくらなのかというと、10万円に18パーセントをかける計算になるので、1万8000円になります。

このように、利息は元金に金利をかけて計算した数字のことをいいます。元金とは、借りたお金、金額のことをいうのですが、この計算の場合は10万円が元金ということになります。

つまり、金利18パーセントで10万円を借りて1年後に全額返済する、ということになると、11万8000円を返さなければいけなくなるのです。また、借り入れをするときには必ず金利や利率、利息、利子という言葉を聞くことがあります。

まず、金利とは利息の割合を示しているもので、パーセントで表されています。利息というのは、借り入れしているお金のレンタル料のことをいいます。

利率、利子は、金利と同じ意味です。年率と年利は同じ意味になります。

プロミス審査後には手数料のことも知っておくといい

プロミス審査を受けた後にもきちんと知っておくべきことがあります。

まず、貸金業法という法律の改正を受けてから、平成24年の前半から全ての金融業者がコンビニなどにあるATMの手数料の有料化をしているといいます。

もちろん、コンビニと提携しているATMには、手数料が無料になっている金融業者もあるのですが、金融業者とATM事業者の間に特別な契約を行っている場合のみなので、大体のものは手数料は有料になっています。

手数料の金額は、一万円以下の利用は105円、一万円を超える場合は210円もかかります。

これを隠れ金利という人もいるほど、繰り返し利用するたびに手数料で支払っている金額は積み重なっていく、結局、総返済額にプラスするととても多いお金を支払っていることになる場合もあるのです。

プロミス審査を通過してから、借り入れをしてATMを利用するときにも関係があるので、きちんと手数料については把握しておくことが大切です。たとえば、コンビニで1ヵ月に2回、2万円を借りたとします。

そして、その4万円をきちんと返しますが、ATMを利用したので手数料は全部で630円かかります。

これを1日辺りで割ると、1日辺り、21円の利息がついていたということになるのです。手数料のことなどもしっかりと考えて利用するようにするといいです。