temposu

プロミス審査と申し込み書のポイント

プロミスは大手の金融会社で、店舗数なども多いということで有名です。

プロミス審査に申し込みをするときには、申し込み書を書きますが、そこで気をつけなければいけないポイントがあります。それは、誤字脱字をしないこと、記入漏れや記入ミスなどがないこと、そして、丁寧な文字で書かれていることです。

ごく普通のことですが、このポイントをしっかりとしておくだけでも審査に通過できる可能性が高くなります。

プロミス審査で行うことはふたつあります

まず、申し込みをした人の個人情報をもとにしたスコアリングと、調査機関でもある信用情報機関に問い合わせをすることです。

スコアリングも信用情報への確認は、どんな金融業者でも行っていることで、プロミスだけが特別ということではないです。融資の申し込みがあった顧客について、しっかりと調べておかなければ、返済できない金額を貸付してしまう可能性もあるかあらです。

そのような事故情報などになりそうなことにならないためにも、しっかりとプロミス審査を行っています。最近は、プロミスはもちろん、多くの金融業者が即日キャッシングや即日融資といったサービスを行っています。

このサービスは若者を中心に人気が出てきており、利用者も年々増えてきているということです。

プロミス審査にかかせないスコアリング

プロミス審査でまずはじめに申し込み書をみて行うことがありそれがスコアリングです。

スコアリングは、簡単にいえば、コンピューターが申し込みをしてきた人の情報をもとに行う自動審査のことで、個人情報を点数にかえて、その合計で貸付できる限度額を考える方法です。このスコアリングでは、貸したお金を回収できなくなる確率を知ることができます。

過去の事例を積み重ねたデータをもとにして、限度額がどのくらいまでなら返済することが可能なのかを判断します。たとえば、同じ高収入だとしても、一流企業に勤めている場合と自営業だとスコアリングの点数が違ってきます。

その理由は、返済の保障、という感じです。

つまり、必ず返済できる一定の収入がある、といえるということなのです。自営業のほうが、回収リスクが大きいと判断される、つまり融資したお金を回収できなくなる確率が高いと出るようになっているということです。

回収リスクが小さいほどスコアリングの点数は高くなるので、限度額も高くなります。

スコアリングでは、たとえとして、20代後半から30代前半の独身は一番点数が高くなるけれど、30代後半から60歳の独身一番点数が低い、となるのです。

プロミス審査に重要な信用情報のこと

プロミス審査だけではなく、多くの金融業者が必ず利用しているのが信用情報です。

信用情報の内容によっては融資を断られることもあります。信用情報というのは、消費者金融をはじめとした銀行やカード会社などが、共有して確認することができるようになっている顧客の借り入れ情報のことです。

情報をまとめているところを信用情報機関

シー・アイ・シー、日本信用情報機構、全国銀行個人信用情報センターの3つの信用情報機関があり、金融業者や金融関係の会社は必ずこの3つのうちのどれかに登録しています。

基本的には登録しているところの情報しか確認することができないのですが、延滞や強制解約、債務整理など、事故情報は全ての信用情報機関で共有されているので、どの金融業者も必ず確認することができるようになっています。

信用情報に記録された情報はどのくらい保存期間があるのか、というと、申込時のものは最長で6ヵ月間は保存されています。

そして、契約時の情報は、解約後から最長で5年間は保存されている状態です。

返済状況も解約後から、最長5年間は保存されている状態になっています。そのほかにも、それぞれの情報は必ず一定の期間は保存されているのです。

プロミス審査ができる店舗数は多いということ

プロミスは大手の中でも、自社のATMや自動契約機が設置されているところの数が多い業者だといいます。

三井住友銀行のATMやローン契約機などでも、プロミスのものと同じ様に使うことができるというのも人気の秘密です。

自動契約機と三井住友銀行のローン契約機の数を合わせてみると、全国に1800台以上のプロミスが使える契約機があることになるのです。

契約機がそれだけあるということは、プロミス審査ができる店舗数がそれだけあるのと同じということです。

店舗数が多いと、そのぶん、いざというときに利用しやすくなりますし、店舗数が多いという印象はとてもいいものです。

また、プロミスの契約機が置いてある店舗数が多いということは、それだけ人気のある大きな会社なのだと考えてもらうこともできるので、利用者にも安心感を与えます。

店舗数が多い、ということはどこでもプロミスカードを利用することができる、ということと同時に、プロミス審査の申し込みも、結果もわかりやすくなる、ということでもあります。それから、プロミスのATMや三井住友銀行のATMを使えば、借り入れや返済の時に手数料がかからないのもいいです。

プロミスカードを利用することができる店舗数が増えるというのは利用者にとっても、プロミスにとっても便利で助かります。