tekiyonenri

手軽に借り入れできるプロミスとは

プロミスをとは都市銀行の子会社が提供する消費者金融サービスのひとつです。一般的には、20歳以上で安定した収入のある方であればだれでもプロミス審査に応募し利用をすることができます。基本的には、3つのステップで契約することが可能です。申込受付けからプロミス審査を経て、申し込み内容に基づいて契約、そしてカード発行後にキャッシング可能となります。適用される年利は、職業や信用情報などをもとに優遇幅を設けて決められるケースが一般的です。また、申込み方法も様々であり、パソコンやケータイ、スマートフォンでプロミスインターネット会員サービスにログインして手続きし、振込によるキャッシングも可能です。最短で約10秒程度で指定口座にお振込みが可能であり、現在であれば振込手数料はいつでも0円で24時間利用することが可能です。その手軽さから、友人の結婚式や親族の葬儀など急な冠婚葬祭時の出費にもすぐに対応することができ人気を集めています。また、使用しなければ利息は発生しないため、もしも何かあった時のために備えてプロミス審査を受けておく人もいます。返済もいつでもできるため、忙しいサラリーマンにとっては非常に便利なツールと言えます。

プロミス審査の具体的な内容

プロミスが制定している基本的なプロミス審査基準は、年齢20歳以上69歳以下で安定した収入があることです。これは主婦や学生でもパートやアルバイトなどで、安定した収入源が確保できている場合も審査可能です。審査時に提供する情報としては、勤務先、勤続年数や年収、年齢や家族構成と居住形態等々です。また、審査をする際には、本人確認書類の準備が必須です。こちらは通常運転免許証があれば問題ありません。ない場合には、パスポートなどでも可です。借入額が50万円を超える場合や他社を含めて借入総額が100万円を超える場合は、収入証明書も必要になります。そのため、審査をする場合にはどのくらいの金額を借入金額とするかあらかじめ決めておくことが重要になります。最近ではインターネットによる受付もしているため、24時間365日受付いつでもどこでも申し込みをすることができます。ネットからの申し込みの場合、自動審査可能時間であれば、借入可能額をネット受付のみで知ることもできます。このようにプロミスの審査には必要な資料がほとんどなく、インターネット上でいつでも気軽にできるため非常に敷居が低く誰でも手軽に審査を受けることができる点が魅力的です。

プロミス審査における年利

プロミスの年利は4.5~17.8パーセントとなっています。これは、一般的な消費者金融の上限金利である18パーセントと比較するとプロミスはそれより0.2パーセントだけ低くなっています。現在の低金利の時代に年利で0.2パーセント違うというのは非常に大きな差となります。実際に年利が0.2%低いと、どれだけ支払う利息に変化があるのでしょうか。例えば、10万円を1年間で返済すると仮定した場合、返済総額が100円少なくなります。借入の金額と期間が大きくなればこの差額が非常に大きくなります。また、プロミスの年利が幅広い水準となっているのは、借入する側の信用度によって適用される年利が異なるからです。一般的に、収入が低く返済がデフォルトする可能性がある場合には、最高利率が適用される場合があります。一方で、一定以上の収入があり返済に困らないと判断されれば、低い年利で借入することが可能です。プロミスの場合、インターネットからでも簡単にプロミス審査を受けられるため、現段階での自身の借入可能額と適用年利を把握しておくといいかもしれません。もし年収が上がり、持ち家などを持ち、より信用度が高くなったと判断できるのであれば、再度プロミス審査を受けてみることをお勧めします。

プロミスを利用する時の注意点

先に説明したように、プロミスは消費者金融の提供するローンです。あくまでも将来返済することが可能な範囲で、借入をすることが重要です。また、借入であることからもちろん金利が付きます。元本の返済が滞れば、その分利息が増えますのでトータルでの返済額は増加します。まずは、自分自身のキャッシュフローを見極め、将来の収入を予想し、その上でいくらまでなら返済可能なのか計算する必要があります。プロミス審査をする場合にはこの、返済スケジュールも簡単にインターネット上で試算することができるため一度実施してからプロミス審査をする方がいいでしょう。また、もう1点注意しなければならないのが、信用を下げるような行為をしないということです。一般的に、金利を下げるには自身の信用を高めるしか方法はありません。滞納や追加融資などは信用度を下げてしまう可能性があります。順調に借入残高が減っているのであれば信用が上がり、限度額の増額や金利の引き下げを提案してくる場合もあります。そのため、決められた金額を決められた期日通りに返済し、着実に信用度を高めるようにしなければなりません。したがって、計画性をもって借入をすることが極めて重要となります。