soryokisei

プロミスは総量規制がある

主婦の方は家計のやりくりに苦労していますが、家計を少しでも助けるためにパートやアルバイトで収入を得て家計を助ける人もいます。それでも病気や冠婚葬祭で、どうしてもまとまったお金が必要になることもあります。

そんな時は知り合いに頭を下げてお金を借りるよりは、金融機関から借入をする方が気が楽です。

プロミスなら主婦でも、パートやアルバイトで安定した収入があれば申込めます。しかしプロミスは総量規制があるので、年収の3分の1までしか借り入れをすることができません。

高額の融資を希望する場合は、総量規制のない金融機関に申込むといいでしょう。

プロミス審査は他社に比べると、自動審査なのでかなり早いのが特徴です。融資が可能かどうか、申込者を属性ごとに分類して点数をつけていく、属性スコアリングシステムを採用していて、審査が公正で一貫性があるのでとても評判がいいです。

プロミス審査は、他社からの借入状況や返済延滞も信用情報機関を使ってしっかり調べるので、嘘の申告をしてもバレてしまいます。

嘘がバレると、この人は信用できない人思われ、プロミス審査に落とされやすくなるので、正確に申告をすることが大事です。

プロミス審査は短時間で結果がでる

お金はいつ必要になるかわからないので、日ごろからしっかり貯金をしておくことは大事です。

しかし、病気やリストラなど長い人生には何が起きるかわからないので、貯金がなくなることもあります。貯金がない時にまとまったお金が必要になると、とても困ってしまいますが、そんな時に利用すると便利なのが金融機関からキャッシングする方法です。

キャッシングは保証人をたてる必要もなく面倒な手続きもしなくていいので、とても利用しやすいです。キャッシングできるカードを作っておけば、真夜中や早朝でも簡単にコンビニのATMからキャッシングができるので、いざという時にはとても助かります。

プロミスは安定した収入さえあれば主婦の方やアルバイトでも申し込むことができます。

ただしプロミスは総量規制の対象で、年収の3分の1までしか借入することができないので気をつけてください。収入のない専業主婦の方も、プロミスでは総量規制がある関係で申込むことができません。

プロミス審査は、コンピューターによる自動審査なので、短期間で審査結果がでます。

プロミス審査は返済能力を重視し、他社からの借入や返済延滞があるとプロミス審査に通りにくくなるので気をつけてください。

プロミス審査には在籍確認もある

お金がない場合は、カードローンなどに申込み融資を受ける人も多いです。

最近はいろんな金融機関でカードローンを扱っているので、多くの人が利用していますが、限度額を高くしすぎると返済に苦労するので気をrつけてください。

プロミスは総量規制の対象なので、限度額は年収の3分の1以上にすることはできません。

しかし、他社からの借入を一つにまとめることを目的としたおまとめローンの利用なら、総量規制の対象外になるので、限度額を高くすることも可能です。

おまとめローンを利用する場合も、プロミス審査に通ることが条件になるので、他社からの借入総額もしっかりと報告することが大事です。

プロミス審査には在籍確認もあります。在籍確認とは、申し込み用紙に書かれた職場に本当に働いているか電話で確認するものです。

職場に電話があると、周りの人にキャッシングすることが知られるんじゃないかと思う人もいますが、プロミスの名前を名乗ることはなく、個人名を名乗るので周りに知られる心配はいりません。

それでもどうしても職場には電話をして欲しくないという人は、給与明細書や会社の健康保険証を提出することで在籍確認の代わりにすることができます。

プロミスは即日融資もおこなう

どうしても今日中にお金を振り込まないと、大事な契約がキャンセルになってしまうこともあります。

そんな時は周りの人にお金を借りるしかありませんが、急だとなかなかお金を借りれないことも多いです。そんな時は金融機関で即日融資を受けるといいでしょう。即日融資をおこなう金融機関は、最近では銀行も増えてきましたが、圧倒的に消費者金融の方が多いです。

プロミスなら即日融資もおこなっているので、急いでお金が必要な時はとても助かります。

即日融資を受けるなら、プロミス審査を受付時間内に受けることが大事です。受付時間内にプロミス審査が終わらないと、翌日に融資を回されてしまいます。

プロミス審査をスムーズにおこなうためには、必要書類をしっかり用意しておく必要があります。希望融資額が多い場合は、源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書も必要になるので、あらかじめ用意しておくことが大事です。

プロミスは総量規制のある関係で、年収の3分の1までしか借入ができません。なので、収入のまったくない専業主婦の方は、プロミス審査を受けても落とされることになります。

専業主婦でお金が必要な人は、総量規制の対象外の銀行に申込むといいでしょう。