様々な方法が利用できるプロミス審査

smartphone
大手消費者金融会社の1つにプロミスがあります。プロミスでは、現在申し込み方法として大きく4つのタイプを用意しており、それは、インターネットを活用したもの、無人契約機を活用したもの、実店舗に出向いて行うもの、そして、誰にも会わずに行うことができる郵送によるものとがあります。

それぞれのタイプには特徴があり、利用者は自分に合った方法で申し込みを行うことができ、同時にプロミス審査を受けることができるようになっています。

かつて消費者金融の申し込みに関しては、実店舗か無人契約機が主流となっていましがた、現在においては無人契約機においても提携関係のある金融機関のローン契約機が利用できることや、また、実店舗においても電話をしながら行うことができるものやサービスプラザを利用して、借入に関しての相談をしながら行うことができるものなど、様々な方法があります。

中でもインターネットを活用したタイプは利便性が高く、ここではプロミス審査を受けるのに、パソコンや携帯電話、また、スマホが活用できるようになっています。

特にスマホの場合にはパソコンと同じように画面での確認がしやすく、利用者はそこでの案内に沿ってプロミス審査を受けることができるようになっています。

スマホを活用した申し込みの流れ

申し込みをスマホで行なう場合には流れに沿って手続きを進める必要があります。

まず、基本的にスマホからの申し込みではプロミス審査は自動で行なわれるようになっており、結果がすぐに知らされることによって利用可能限度額を確認することができるようになっています。

申し込みでは自動審査可能時間が9:00~21:00までとなってはいるものの、24時間365日対応を行っており、利用者にとっては非常に利便性の高いものとなっています。

また、申し込み後においても、プロミスではその契約方法として、Webによる方法、来店による方法、そして郵送による方法が選べるようになっており、利用者は自分に合った方法で契約が行えるようになっています。

利用者へは、プロミス審査完了後に決定された正式な契約可能額が指定をした連作先に連絡されることになっており、それは最短で30分という短さとなっています。

借入を行うまでの手続きには

必要書類の提出が求められますが、この場合、実行までスマホを行なう方法と来店、郵送による方法とでは若干の違いがあり、スマホでの場合には必要書類をスキャンして送信することによって済ますことができるようになります。

そしてこの場合には、平日14時までに契約内容を確認することによって当日中の振込が可能となっています。

スマホでの借入で行なわれるプロミス審査基準内容

プロミスでの借入には様々な方法が用意されており、利用者は自分に合った方法で申し込みをすることができますが、借入にはプロミス審査を通過する必要が求められます。

プロミス審査の基準としては、どの方法を用いてもその条件には共通する内容があり、ここでのクリアが大切なことになります。

プロミス審査基準では、借入が可能な条件として、まず、年齢20~69歳までという制限を掲げています。

次に、主婦や学生、また、パートやアルバイトでも安定した収入がある場合には利用が可能となっています。そして、この他に明確な居住地があることや本人確認書類が提出できることがあります。

プロミス審査では審査の採点方式として属性スコアリングと呼ばれる手法が用いられています。属性スコアリングシステムとは、コンピューターによって自動的に結果を出す内容となっており、ここでは、短時間で客観的に判断がされ、結果が出されることになります。

審査項目としては

勤務先や勤続年数、年収などに関する勤務状況などがあり、他に、年齢、家族構成、居住形態、そして加入保険の種別や電話の区分などが、その内容となっています。

また、他の金融会社と同様に信用情報に関してはウエイトが置かれており、ここでは他社からの借入、借入履歴、借入に関する事故内容などが審査基準となっています。

プロミス審査通過に必要なこととは

借入を行うにはプロミス審査を通過することが必要となりますが、条件として掲げられている基本的な内容はもちろんのこと、具体的に明記をされていないことまでも配慮をして行う必要があります。

まず、他社からも借入等がある場合や商品購入などのローンがある場合には、申し込みを行う前に個人情報を入手して判断をすることも1つの方法となります。

プロミスは消費者金融会社であるために総量規制の対象となる金融会社です。

そのために利用者の年収の1/3以上は融資を行うことができなくなっています。

ローン等はその範囲には入りませんが、実際においては負債と同じ判断となるために、プロミス審査では判断の対象とされることになります。

その中でも重要なのは金融事故歴となります。これは、過去におけるものはもちろんのこと現時点で返済遅延が合った場合には審査が通らない可能性が高くなってしまいます。

特にスマホ等の毎月の支払いには十分な注意が必要

多くの人は端末を分割で購入し、その金額は通話料と合算をすることによって支払いを行っています。

そのために、単に通話料として認識をしている利用者も数多く存在しています。

しかし、この場合にはローン対象物としての扱いとなっており、金融業者の場合には債務に関しての遅延延滞として判断をします。

提示された条件に問題がない場合に審査が通らない場合には、この可能性が高く、よく自分の個人情報を確認することが必要となります。