shinsanaiyo

プロミス審査と審査の内容について

プロミスなどの金融業者の即日キャッシングのサービスを利用する若者が最近は少しずつ増えてきているといいます。

いざというときにすぐに利用することができることから、便利で助かるということで、プロミス審査に申し込みをする人も多いです。プロミス審査では、まずはスコアリングを行い、信用情報の照会をしてから、在籍確認や本人であるという確認できる書類を確認します。

プロミス審査に申し込みをする方法

インターネットと電話で、次に多いのが自動契約機ということです。インターネットと電話はどちらもすぐに行動できるものですし、どこでもすぐに申し込みをすることができます。

インターネットや電話、自動契約機からの申し込みも、審査はすべて全国に2ヶ所だけあるセンターで行われているといいます。

※ プロミス審査では、収入がなければ絶対に審査を通過することはできないです。

正社員でなくても、パートやアルバイトだったり、派遣社員や自営業でも一定の収入があり、安定しているという判断がされれば審査を通過することは可能です。

学生や主婦でも、安定した収入があると判断されれば大丈夫です。申し込みをするときには、申し込み書というものを書くので、その書類にはなるべく空欄を作らないようにしておくのも大切です。

プロミス審査で行われる詳しいことを知っておくといい

プロミス審査を申し込みしたときに真っ先に行われるのが、スコアリングです。

これは、コンピューターが顧客の申告した情報をもとに行う自動審査のことで、その情報から点数を配分して、その点数の合計で融資できる限度額を決めるシステムになっています。

このスコアリングの点数が高い人ほど融資をすることができる金額が増えていきます。

このシステムは、融資をしたお金を回収できなくなる確率を分析したもので、この回収できないリスクが小さいほどスコアリングの点数は高くなっています。

信用情報の照会は、信用情報機関を通じて行います

信用情報機関は調査会社で、日本には3つの信用情報機関があり、金融機関はこの3つの機関のうちのどれかに登録しているのです。

信用情報には、名前、生年月日、住所、電話番号、勤務先、勤務先の電話番号、本人確認書類の番号などの個人情報はもちろん、申し込みをした年月日、貸し付けした年月日、貸し付け額、残高、一番最近の返済した年月日や返済額、他社での借り入れの総額、事故情報の年月日などが記録されています。

そして、プロミス審査に申し込みをしたら必要なのが、本人確認書類です。本人確認書類の確認では、免許証やパスポートなどの顔写真が載っているものがいいということです。

プロミス審査や契約なども店頭窓口で可能

プロミス審査の申し込みが終わって、通過することができたら契約をしなければいけないのですが、これは郵便で送ることもできますが、店頭窓口で申し込みをして契約をすすめることも可能だといいます。

まず、インターネットや電話で審査の申し込みをします。そして、審査を通過したら契約書や身分証明などの確認のために店頭窓口まで来て、書類などを書いて、それをまた店頭窓口に提出します。

提出したら、契約書類を作成して、カードを発行します。その後からすぐにキャッシングを利用することが可能です。

店頭窓口に提出する必要書類には、本人確認書類、収入証明書類などがあります。店頭窓口で行う契約のことを来店契約といいます。

店頭窓口では、審査の申し込みや借り入れの相談なども行うことができるということで、もし近くにプロミスの店頭窓口がある場合は、そこで一度借り入れや返済計画などのことをアドバイスしてもらうのもいいということです。

来店契約の他に

郵便で契約書や必要書類などを送ることもできるので、遠方で店頭窓口などに来ることが出来ない、という人などは早めに書類などを準備して送れるようにしておくとカード発行なども早くて、キャッシングもすることができるようになります。

プロミス審査には在籍確認は重要

プロミス審査の最後に在籍確認というものをするのですが、在籍確認は、申告された勤務先で本当に働いているかどうかを確認するものです。

在籍確認はプロミス審査において、必須項目なのです。勤務先にはプロミスからのものだとわからないように電話をして、在籍しているかどうかを確かめます。

そして、在籍していることを確認することができたら、カード発行したものでキャッシングをすることができるようになるのです。

どうしても在籍確認はしないで欲しいという場合は、あらかじめ日時を指定してもらうことで、確認の電話を本人に取ってもらうこともできますし、どうしても、というときには、その理由を確認して、社員証や源泉徴収票など、その会社に勤めていることを証明できるものを提示してもらうようにします。

在籍確認の電話は、会社の人間には絶対にわからないように行うので、心配はいらないのですが、名前などを指定して在籍確認を行うこともできるといいます。

あまりこの方法を行っている人はいないといいますが、それでもどうしても、という場合は、申し込みをしてきた人の要望をきいてくれることもあります。

本人確認のひとつなので、在籍確認はとても大切なことなのです。