raitenkeiyaku

プロミス審査に申し込みをできる条件

若者を中心に利用されているプロミスの即日キャッシングというサービスですが、どのような方法で申し込みにはどのような条件が必要なのか、などを把握してから、利用するようにすることが大切です。

また、プロミス審査に通過しやすい方法や審査内容などを知っておくことで、どのようなことを気をつければいいのかがわかります。

気をつけるポイントや条件をしっかりと知ることで、いざというときに利用できるようになるのです。

まず、プロミス審査に申し込みをするときに必要な年齢は20歳以上から69歳までです。学生でも申し込みをすることは可能ですが、未成年の場合は申し込みそのものを行うことができないので注意しておきます。

また、安定した収入がある、ということが申し込みをするときには必要です。収入のない人の場合、審査を通過することは無理だと考えたほうがいいです。申し込みをしたときに、収入を書くところもあるので、まずそこで否決されます。

安定した収入というのは、毎月必ず一定のお給料が必ず入る、という証明ができる仕事があることを指します。これはアルバイトやパート、派遣社員などでもいいので、収入が絶対にあるという証明ができるものなら大丈夫です。

プロミス審査後に来店契約をすることも可能

プロミス審査に申込みする方法で多いとされているのが、最近ではインターネット、もしくは電話だといいます。

審査の後に来店契約もすることは可能ですが、住んでいるところの近くになかったり、遠方などの場合は、来店契約をすることができないので、インターネットや電話での申し込みのほうが簡単に済みます。

必要な書類や身分証明のコピーなどを郵送したりするだけでいいのが便利です。来店契約での申し込みの場合は、まずインターネットの自動審査が完了した後に、指定している連絡先へ連絡されます。

必要書類をすべてきちんと持参して、お客様サービスプラザへいき、来店契約を行います。契約書類を作成したら、カードを発行して、すぐにキャッシングを利用することができるようになります。

キャッシングカードでの融資のほかにも、自分の銀行口座に振り込んでもらう、という方法もありますが、わざわざ銀行や銀行のATMのあるところまでいかなければいけない面倒さがあるので、コンビニのATMなどを利用する人のほうが多いです。

来店契約をして、その場でキャッシングも可能な場合もあります。事前に契約するにはどのような書類が必要なのか、ということを調べて、しっかりと準備しておくようにすることです。

プロミス審査とスコアリングなどについて

プロミス審査ではスコアリングというものを必ず行います。コンピューターが申し込みをしてきた顧客の申請した情報をもとに行う自動審査のことをいいます。

その人の職業、収入、住居形態など、申告された項目に点数を配分し、すべての点数の合わせたもので借り入れをすることができる限度額を決める、というシステムになっています。

このスコアリングが高得点になるほど限度額が高くなる、ということです。この点数により、貸したお金を回収できなくなる確率を分析しているので、収入がよければいい、ということではなく、全体的にその申し込みをしてきた人のことを調べて判断する、ということです。

どこの金融業者でも必ず行っている信用情報の照会を行っています。信用情報機関によって管理されている顧客の金融機関の利用履歴や返済のことについて、登録している金融業者のみが見ることができるところです。

事故情報などの借り入れに関してのトラブルも記録されているので、この信用情報がよくない人は申し込みのときに否決される可能性もあります。

次に、在籍確認も行います。在籍確認は、本当にその職場で勤務しているかどうかの再確認です。電話で会社にはわからないように確認してくれるので安心です。

プロミス審査の後の契約で必要な本人確認書類について

プロミスの審査に申込みした場合に、必ず必要になる本人確認書類の確認を行いますので、必要を事前に用意をして書類を忘れないようにすることが大切です。

プロミス審査で書類によって審査に有利になったり、不利になったりすることはないですが、できれば運転免許証が一番いいといいます。顔写真が付いており、住所が印刷されている、ということで信用度が高い身分証明書として考えることができるからです。

パスポートも写真が付いていますが、住所が手書きなので、やはり運転免許証が一番効果的だと考えることができます。

また、保険証などでもいいのですが、企業の正社員や公務員が保有している「社会保険」、「組合保険」、「共済保険」が一番効果的です。

派遣社員やアルバイト、パートの人は「国民健康保険」を保有している人が多いので、限度額はあまり高くはなりませんが、しっかりとした身分証明書として提示することが可能です。

来店契約で契約書を書くときに、虚偽の申請などをしてもすぐにわかるので、絶対にそのようなことはしないようにすることです。

年収などを借り入れ額を高くするために多めに書いても、調べるとすぐにわかってしまうので、あらかじめしっかりと書く内容のことを調べて、把握し、きちんと書けるようにしておくことが大切です。