opereta

プロミス審査の申し込みについて覚えておくこと

プロミスの即日キャッシング、即日融資をしてくれるサービスはとても人気があり、若い人の利用者が少しずつ増加しているといいます。

プロミス審査の申し込みをして、審査を通過できた人だけが即日キャッシングを行うのですが、まずはその申し込み書をしっかりと書けるようにしておくことが大切です。申し込み書を書くときに大事なのが、丁寧に、間違えのないように書くことです。空欄が目立つような申し込み書は否決される可能性もあります。

事前に、きちんとどのようなことを申し込み書では書かなければいけないのかを調べて、自分でわかるようにしておくといいです。また、申し込み書には、誤字脱字がないように気をつけて、空欄ができるだけないようにしておくことです。

年収や勤務形態、生年月日や住所など間違いのないように、確認をしてから提出するようにしておきます。

この申し込み書を元にして審査を行うものもありますし、信用情報などを確認するので、とても大切なものなのです。

プロミス審査で申し込みをするときには、間違えのないように気をつけて書くこと、というのを覚えておきます。この申し込みは店頭、インターネットや電話、そして自動契約機などでも行うことが可能です。

プロミス審査とスコアリングのことについて

プロミス審査では、申し込みをする人が書いた申し込み書を元にして、スコアリングを行います。

スコアリングというのは、簡単にいえば、個人情報を数字で表したもので、その数字の合計が高い人ほど融資される金額の限度額が高くなる、ということです。

過去の事例を積み重ねたデータを元に、貸したお金を回収できるかどうかが分かるようになっています。

たとえば、同じ高収入の人でも、一流企業に勤めている人と自営業の人では点数が違うのです。その理由は、保障されているかどうか、つまり自営業の人のほうが回収リスクが大きい、簡単にいえば、貸したお金を回収できなくなる確率が高いと判断された点数を出されるのです。

回収リスクが小さい人ほどスコアリングの点数は高くなるので、融資の申し込みや審査でもいい条件になります。

スコアリング年齢でいうと

20代後半から30代前半の独身の人は一番有利なスコアリングをつけられることが多いといいます。逆に、30代後半から60歳までの独身の人は一番不利になるということです。

ちなみに、65歳以上になると、既婚でも独身でも融資自体を行うことがないといいます。スコアリングは個人情報だけではなく、信用情報なども関係があります。

プロミス審査に重要な信用情報機関

プロミス審査を申し込みしたときに、プロミス審査ではスコアリングを行うのと同時に信用情報も調べています。

信用情報というのは、日本にある3つの信用情報機関で記録、管理されているもののことで、金融業者は必ずこの3つのうちのどれかの信用情報機関に登録しています。

3つの信用情報機関というのは、「シー・アイ・シー」、「日本信用情報機構」、「全国銀行個人信用情報センター」のことで、これらは調査会社と考えておくといいです。

延滞や強制解約、債務整理などの、金融事故情報というものは、基本的に全ての信用情報機関で共有されることになっています。

信用情報には何が書かれているのか

名前や生年月日、住所、電話番号はもちろん、勤務先の名前や勤務先の電話番号、本人確認書類番号といった個人情報、申し込みした年月日、貸付年月日、貸付額、残高、一番最近の返済年月日、返済額、他社からの借り入れ総額や事故情報などです。

このなかでもプロミス審査で重要視されるのは、他社からの借り入れ総額です。

総量規制という法律があるので、年収の3分の1以上を貸し付けることはできないのです。また、いくつの業者で借りているのか、などの件数も重要だと考えています。

プロミス審査のオペレーターにも丁寧に

プロミス審査を通過するためには、まず総量規制をクリアしなければいけないといいます。

たとえば、年収が1千万円あったとしても333万円の借り入れがすでにある場合は、総量規制が適応されて、それ以上は借りることはできなくなるのです。

ここでいう、三分の一というのは住宅ローンや車のローンは含まれないです。奨学金も三分の一に含まれることはないので安心です。プロミス審査でじゃ、インターネットや電話からの申し込み後に、申し込みした本人に本人確認の電話がかかってきます。

このとき、審査通過基準に達していたとしても、電話での対応がひどいとそれだけで審査落ちしてしまう可能性もあります。電話口での返答は丁寧に行うことがポイントです。

オペレーターとの受け答えでは絶対に嘘をつかないことも大切です。自動契約機などもありますが、ここでもオペレーターの指示に従います。

オペレーターが言う通りに順に必要書類なども用意して、オペレーターの質問などにもしっかりと受け答えするようにします。

また、自動契約機でも店頭やインターネットなどでも、オペレーターからの受け答えがある時間帯、つまりオペレーターがいる営業時間や受付時間というものがあるので、その時間内に申し込みなども行うようにしておくといいです。

オペレーターの人がいない時間帯に申し込みをしても、翌日に審査を行うことになってしまうので、気をつけることです。