okanenokarikata

キャッシングサービスのプロミスとは

プロミスは銀行系のキャッシング会社なので資金力があり、低金利で融資を受けることが出来ます。

銀行が行っているサービスということで、利用者も安心して申し込みや借り入れをすることが出来ます。最大の融資額は500万円で、一番少ない額である1万円から融資をしてもらうことも可能です。

最大で500万円の融資を受けることが出来るので、何かあったときも安心です。審査も仮審査が一度行われるので、自分が借り入れが出来るのかすぐに知ることが出来ます。正社員はもちろんのこと派遣社員や契約社員、パートやアルバイトなどの雇用形態の人でも審査を受けることが出来ます。

高い収入がなくても安定した収入があれば誰でも利用することができ、一定の条件を満たせばすぐに借り入れを行うことが出来ます。

金利も他のキャッシング会社よりも低めに設定されていて、初めて契約する場合は30日間の無利息サービスを受けることも可能です。

30日以内に返済することが出来れば無利息で借り入れを行うことができ、余計な費用を掛けずに利用することが出来るのが魅力の一つでもあります。インターネットや郵便でも申し込みを行うことができ、自分の好きな方法を選択することが出来ます。

プロミスでのお金の借り方や申し込み方法

お金の借り方や申し込み方法は、自分のライフスタイルに合わせた方法を自由に選ぶことが出来ます。

インターネットからの申し込みや店舗での申し込み、電話や郵送など様々な方法で申し込みことが出来ます。パソコンからインターネットで申し込む場合は専用フォームにアクセスして、必要事項を入力します。

24時間受け付けを行っているので、自分の都合のいい日時に申し込むことが出来ます。店舗に足を運ぶ必要がなく、場所を選ばなくてもプロミス審査を受けることが出来るのが特徴です。

申し込みを行うとプロミス審査が行われ、その場で融資可能な金額が提示されます。

店舗での申し込みは担当スタッフがプロミス審査に必要な項目を聞き取り、審査を行います。対面式での申し込みなので一つ一つ確認しながら申し込むことができ、分からないこともその場で質問することが出来ます。

自動契約機でも申し込むことができ、その場で申し込みからプロミス審査をすることが出来ます。必要書類を用意してタッチパネルを操作することで、利用することが出来ます。情報を元にプロミス審査を行って、カードが発行されます。

全国のATMに行って手続きをすることで、すぐに融資を受けることが出来ます。

お金を借りるときの条件や必要書類

プロミス審査を受けたりお金を借り方には、条件や必要書類が必要になります。

お金を借りることが出来るのは年齢が20歳以上69歳未満で、安定した収入があればお金を借りることが出来ます。お金を借り方で重要となるのは必要書類で、申し込み時には本人確認のための書類が必要になります。

運転免許証や健康保険証、パスポートなどが有効で、印鑑や保証人、担保は必要ないです。外国籍の場合は在留カードや、特別永住者証明書を提出します。本人確認のための書類と現在住んでいる住所が違う場合は、国税や地方税などの納税証明書を準備します。

社会保険料や公共料金の請求書、住民税の写しも有効です。お金の借り方には、収入証明をする必要もあります。

借り入れるお金の金額が50万円以上の場合は、収入が証明出来る書類も提出します。最新の源泉徴収票や確定申告書、毎月の給与明細が有効です。

本人確認や収入を証明するための書類は取り寄せたり事前に準備する必要があるので、早めに用意するようにします。これらの書類を提出することでプロミス審査を受けることができ、プロミス審査に必要な情報を集めています。

きちんと提出することで信頼度が上がり、審査に通りやすくなります。

プロミス審査の内容や基準について

ことが出来るのです。年収や年齢は真っ先に調べられ、現在勤めている企業名や勤続年数も重要視されます。

このように細かい情報から信頼することが出来る人物なのかを判断して、個人の返済能力を算出して融資額を決定しています。またプロミス審査では他社からの借り入れも重視されていて、多額の借り入れがないことも大切な審査内容になります。

総量規制対象という年収の3分の1までしかお金を借りることが出来ないという決まりがあるので、限度額いっぱいになってしまう場合は注意が必要です。

ただし他社からの借り入れがあったとしたも上限まで達していない場合は、審査に合格することもあります。

過去にプロミスから借り入れしたことがある人は、当時の返済状況も審査されます。滞りなく返済日にきちんと返済している場合は信用出来る人物と判断されるので、審査に通りやすくなります。

審査になかなか通過しない場合は融資額などを下げて、もう一度チャレンジすることが大切です。