obonyasumi

プロミス審査の申し込み方法

プロミスや他社の金融業者では、即日キャッシングという、必要になったときにすぐに利用することができるキャッシングサービスを行っています。ですが、そのサービスを利用するときには、審査を申し込んで、審査を通過する必要があります。

プロミス審査を申し込みするときには、スコアリング信用情報をまずは確認します。

そして、「身分証明書」などを確認するのですが、身分証明書で一番いいといわれているのが、「運転免許証」です。運転免許証は、顔写真や住所なども印刷されており、審査をするときにはわかりやすいということです。

また、運転免許証がない、という人の場合は、「健康保険証」や「パスポート」などでもいいといいます。プロミス審査の申し込みをする、と考えたときには、この身分証明書のコピーをきちんと準備しておくことが大切です。

プロミス審査の申し込み方法にはいろいろな方法があります。たとえば、パソコンのインターネット、携帯、電話、店舗窓口や自動契約機、郵送などです。

そのなかでも人気がある申し込み方法や、パソコンのインターネットからできる方法と電話だといいます。簡単でその場からすぐに申し込むことができるので、便利でいいと人気があります。

プロミス審査とスコアリングのこと

プロミス審査では、スコアリングというシステムを利用して、審査に申し込むことができるか、審査を通過することができるか、ということを確認しています。

スコアリングというのは、プロミス審査を申し込んできた顧客が申し込み書の「職業や収入」「住居形態」「雇用形態」など、申告の項目に点数を配分していき、その点数の合計をもとにして限度額を決める、というシステムのことです。

このスコアリングの点数が高得点になるほど、限度額が高くなるようになっています。スコアリングはコンピューターが顧客の情報をもとに行う自動審査になっているので、結果がとても早くわかります。

スコアリングというのは、過去の事例を積み重ねたデータを元にして、融資したお金を回収できなくなる確立を分析することができるようになっています。スコアリングで点数が高くなるには、条件などがあります。

※ 例えば、年齢ですが、20歳から25歳までを若年といい、35歳から65歳までを高齢とよびます。この、若年と高齢はスコアリングの審査には不利とされている年齢だといいます。なぜなら、若年だと社会的信用がまだ低いですし、勤続年数も浅いので収入がそれほど多くないです。高齢の方は、年齢が上がっていくほど不利になっていきます。これとは逆に20代後半から30代前半までは、もっともスコアリングで高い数字になる年齢だということです。

プロミス審査では信用情報が重要

プロミス審査ではスコアリングと同じように信用情報がとても重要視されています。

信用情報というのは、個人情報や事故情報、借り入れ履歴などを記録、保管しているところで、日本には3つあります。
▶全国銀行協会全国銀行個人信用情報センター(http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/)
▶株式会社シー・アイ・シー(http://www.cic.co.jp/)
▶株式会社日本信用情報機構(http://www.jicc.co.jp/)
というところで、調査会社のようなものです。

  • 信用情報には何が書かれている

名前、生年月日、住所、電話番号、勤務先名、勤務先の電話番号や勤務形態、本人確認書類番号など、申し込みをした年月日、貸付した年月日、貸付金額、一番最近の返済年月日、返済額、残高などのほかにも、他社からの借り入れ総額長期滞納債務整理などの事故情報の年月日なども記録されています。この信用情報のなかでも、他社からの借り入れ総額は重要だと考えられています。

  • 借入件数と総額には注意

金融業者は、総量規制というものがあるので、年収の3分の1以上貸し付けることはできないようになっているので、他社の借入総額が年収の3分の1を超えていないか、ということの確認は必ずしています。そして、借り入れをしている件数を見て、借り入れ件数が6、7件以上になっている場合は断られることもあります。

プロミス審査を通過できればお盆休みも借り入れは可能

土日や祝日、お盆休みなどに急にお金が必要になることもあります。

そんなときにもプロミスはすぐに即日キャッシングを利用することが可能です。お盆休みでも、あらかじめインターネットのウェブで審査の申し込みをして、審査を通過することができていれば、無人契約機までいって、本人確認の書類を提示して、カードを発行してもらえたら、すぐにその場で土日祝日、お盆休みなどでも、急に入用になったときに借り入れをすることが可能なのです。

プロミスの審査は20時までで、無人契約機は21時までしか利用することはできないです。その日のうちにカード発行まで終わらせておきたいときは、21時に間に合うように審査の申し込みを行うことが大切です。

プロミス審査は最短でも30分ほどなので、20時30分までには申し込みをしておくようにするといいです。

また、土日祝日やお盆休みなどには、コンビニなどのプロミスと提携しているATMの利用時間が変わることもあります。なので、お盆休みなどのコンビニのATMを利用するときにもあらかじめ利用時間を知っておくようにするといいです。

お盆休みなどにお金が入用になるとわかっているときは、インターネットなどからお盆休みになる前に審査の申し込みをして、キャッシングをいつでもできるようにしておくことです。