niniseiri

プロミス審査の方法について

プロミス審査の方法は、本人確認、勤務先の信頼性、本人の年収、本人の在籍確認が主な項目です。

本人は実際に実在する人物なのか、申込書に記載された現住所に住んでいるのかを身分証明書で確認し、また勤めている会社は実在しているのか、その会社の信用度はどうか、本人はその会社に在籍しているのかなどを確認することになります。

また、プロミスに限らず一般の消費者金融も同様ですが、信用調査機関に照会し本人が現在どのくらいの借金をしているのか、また過去に返済における事故や債務整理の実績があるかなども確認します。

一般的に債務整理の場合には一番軽い任意整理であっても概ね7年程度は信用情報機関にその記録が残りますので、その結果を踏まえて審査を行うことになります。但し、信用調査機関の情報は一定期間を経過すると抹消されるので、7年程度以上の一定期間を過ぎている場合には、その情報が抹消されている場合もあります。

その他プロミス審査においては過去にプロミスから借り入れをしたことが有るか、また任意整理などをしたことが有るかなども併せて確認します。

信用調査機関の情報と違い、この情報はプロミスの責任で管理されているので、その情報がずっと残っている場合もあり、この情報も審査の対象になります。

プロミス審査が通らないケースはどのような場合か

プロミス審査が通らないケースにはいろいろありますが、一番は他社の借り入れが多いケースです。

以前から他社を含めた借り入れの総額が年収の1/3程度と言う自主規制はあったのですが以前は貸し出す側の利益主義もあり曖昧な部分がありました。

しかし総量規制が導入されてからはより厳密に年収に対する比率を審査するようになりました。

従って、他社の借り入れが多い場合にはその基準により融資を断られてしまうか、または希望額に対して非常に少ない枠しか融資してもらえないという結果になることが多いのです。さらに、過去に任意整理などを行った実績がある場合には、基本的にプロミス審査は通りません。

他社で任意整理を行った場合であってもその情報が信用調査機関の記録に残っていればその情報は参照されますので殆どの場合には融資は出来ないといった結果になってしまいます。

しかし、任意整理から相当期間が経過し信用調査機関の記録に残っていない場合には、プロミス審査が通る場合もあります。

但し、これはプロミス以外で任意整理の実績がある場合で、プロミスで任意整理を行っている場合にはプロミス独自のデータが残っている場合もあり、プロミス審査が通らない確率がより高いと言えるでしょう。

任意整理のプロミス審査に与える影響

任意整理とは、キャッシングなどで増えた借金が返済できない場合にその返済期日を変更したり、過払い利息の返還請求を行ったりして実際の返済期間や返済額を変更して返済する方法です。

一般的には法律のプロである弁護士や司法書士を代理人として交渉を行い、減額請求や過払い金請求などを行うことが多く、プロミスなどの消費者金融においてはその利益を脅かすものです。

従って任意整理を行った人物は消費者金融などの貸金業者にとっては信用のない人物と扱われ、融資される可能性は非常に低くなります。

プロミス審査においても任意整理については信用度を確認する上で非常に重視する傾向があり、まず審査は通らないと考えた方が良いでしょう。

しかし、任意整理をおこなってから期間が経ち、信用調査機関にその記録が無い場合には、プロミス側はその記録を把握することが出来ないため、勤務先が良い会社であったり、現在の年収や借金が良好な状態である場合にはプロミス審査が通ることがあります。

但し、融資の申込書の中には過去にそのようなことが無いかどうかを記載する欄があり、この欄に記載をせずに何かの形で発覚した場合には申込書の虚偽記載と見なされ一括返済を迫られたり、賠償金を請求されたりすることも有るので注意が必要です。

任意整理をしたことが有る場合でも審査が通ることもあります

任意整理の経験がある場合でも、色々な条件が合致する場合にはプロミス審査が通るケースもあります。

まず、債務整理を行った時期が現在から概ね7年以上前であること。これは信用調査機関の情報保管が概ね7年程度とされており、これを過ぎると情報が破棄されることが多いからです。

さらに、信頼できる企業に勤めており年収が基準を満たしていること。

この点は一般の申し込み時と同じですが、任意整理の経験の有る人の場合にはよりその基準が厳しくなっています。また、現在の債務金額がゼロか、或いは非常に少ない金額であること。これは過去に借金を契約通り返済できなかった実績があることから、より厳しい審査が行われるからです。

このような条件が揃えば、希望額満額は無理でも、少しの金額であればプロミス審査が通る可能性が出てきます。

しかし、過去にプロミスで債務整理のようなトラブルを発生させている場合にはその情報はプロミスに残っていることが多く、この場合にはプロミス審査を通る可能性は非常に低くなります。

プロミスで過去に任意整理を行った場合にはプロミスで融資を受けることは諦め、他のプロミスとは関連性の低い消費者金融からの融資を考えた方が得策です。