tekiyonenri

プロミス審査に欠かせない情報がある

プロミス審査ではどのような審査方法を行っているのかというと、まずは申し込みしてきた人の信用情報を管理しているところに確認をします。信用情報というのは、金融機関との取り引きの履歴のことです。金融業者に申し込んだときや、クレジットカードの契約したとき、借り入れをしたお金を返済に行ったり、返済期日に間に合わず、延滞してしまった、ということなどが記録、管理されています。日本には3つの信用情報機関というところがあり、その機関で一定期間を保存されています。最近は信用情報に加盟している金融機関が多くなってきているといいます。金融機関は利用者が申し込みをしたり、契約、借り入れ、返済などをしたときには、そのたびに信用情報機関に申告しているので新しく借り入れの申し込みなどをしたときには、契約しても問題ないか、ということを判断するため、借り入れの申し込みをされた金融機関は必ず信用情報機関に記録されている申し込み者の情報を確認するのです。また、金融機関は自分たちが加盟している信用情報機関に記録されている情報しか確認することはできないようになっています。ですが、延滞や債務整理を行った、などのいわゆる事故情報、カードの紛失、盗難に関すること、そして、信用情報が誤って記録されているなどの本人による申告情報です。

プロミス審査でも重要な属性というもの

プロミス審査で重要な属性というものがあるのですが、これはどのようなことなのかを知らない人はとても多いです。プロミス審査を行うときに、主な判断材料となるものが、属性とローンや公共料金などの支払い情報、利用履歴などです。この二つを合わせて、先に書いた信用情報といいます。プロミス審査では、属性というものを、自動的にスコアリングをされるようになっていて、プロミス審査の大切な判断材料として活用されています。属性として判断される情報には、年齢、職業、勤務先やその雇用形態、勤続している年数、年収などはもちろん、ほかにも、居住年数や居住形態、家族構成、電話、入っている健康保険の種類なども属性にはとても大切なものなのだといいます。このスコアリングは、それぞれの金融会社が保有している過去の顧客データをもとにして、独自の判断で点数を決めていっています。ですが、それでも一般的に属性での評価が高くなる、も低くなる、というような条件は、ある程度決まっているといいます。たとえば、年齢が高いほど評価が高くなり、若いほど評価が低くなる、というようなものです。また、職業、勤務先、雇用形態によっても違いが出てきます。

プロミス審査で借り入れできる金額は年収も関係がある

プロミス審査では、属性において、年収というのはとても大切なものだと判断されます。年収は高ければ高いほど高評価であり、高評価の目安になる年収が400万円、200万円以下の年収の場合は評価が低くなっていく傾向があるということです。また、属性だけではなく、金融業者から借り入れを受けるときには、年収の記載やそもそもの収入の有無などは絶対に必要事項なのです。たとえば、一ヶ月の収入が10万の場合、年収は120万になりますが、その人が120万ぎりぎりまで借り入れをして一年以内にすべて返済するのはほぼ不可能だといえます。プロミスは総量規制の対象になっていますので、年収によって借り入れの限度額が決まっているのです。総量規制というのは、貸金業者に適用されている法律です。借り過ぎを防止するためのもので、金融業者からお金を借りるときは、最大でも年収の三分の一まででなければいけない、と明確に設定されています。ちなみに、年収120万円の人がプロミスで借り入れをするときには、120万円の三分の一、つまり40万円までしか融資を受けることはできない、と法律で決まっているのです。ぎりぎりまで融資をしてくれる金融業者はいないので、40万円以内の借り入れしかできないと考えておくといいです。

プロミス審査の前に金利と返済計画をきちんと考えるのが大事

プロミス審査に申し込みをする前に大切なことがあります。それは、自分が借り入れをしたいと思っている金融業者の金利などをきちんと調べてあるのか、返済計画などをしっかりとたてているのか、ということです。金利というのは、1年間お金を借りた場合に発生する利息の割合をパーセンテージで表しているものです。たとえば、金利18パーセントで100万円を借りたとして、1年後に支払う利息を計算すると、100万円に18パーセントをかけるので、18万円が利息になります。つまり、返済をするときには、118万円を返さなければいけない、ということです。利息は元金に金利をかけて計算すると、簡単に出てくるのですが、その金額を分割で毎月返済していかなければいけないのです。毎月の返済額を最低返済額に設定して、その金額を支払い続けると、すべて返済し終わるまでにはとても時間がかかってしまいます。毎月の返済額が低ければ、返済期間が長くなり、返済総額が高くなってしまう、ということなのです。プロミスで30万円の借り入れをしたとして、最低返済額で毎月で返済したとすると、プロミスでは総額46万388円になります。つまり、金利のことをしっかりと計算して返済計画をたてておかなければ、なかなか返済し終わらないことになってしまう、ということです。借り入れをするときには、はじめに金利などを計算して返済計画をたててから行動することが大切なのです。