kuriagehensai

プロミス審査で問われるのは返済能力

プロミス審査では返済能力を問われることになります。

返済能力とは借入金を全額返済する能力であり、安定収入があることが条件となります。必ずしも公務員や会社員である必要はなく、完済できる能力があるなら非正規雇用の方でも借りることができます。実際の利用者の職業を見ると、アルバイトやパート、そして学生や主婦などもいます。

プロミス審査で落ちてしまう方は、返済能力を超えた借入を希望している可能性があります。返済能力30万円の方が50万円を借りようとしても借りることはできません。

自分ではこのくらいなら無理なく返済できると思っていても、最終的に決断を下すのはプロミスです。

ただ、希望額は大きいよりも、小さいほうが間違いなく借りられる可能性は高いです。少額を希望したほうが、返済能力ありと認められる可能性は高いのです。高額収入の公務員といえども、返済能力を超えて借りることはできません。プロミスは消費者金融なので、借りられる金額は総量規制により制限されています。

年収の3分の1が上限なので、150万円借りるためには450万円以上の年収が必要となります。プロミス審査に通過するコツは、総量規制の範囲内の中でも、なるべく少額の希望に抑えることです。

繰り上げ返済をイメージしてプロミス審査を受けよう

プロミス審査を受ける方は、繰り上げ返済をイメージしておきましょう。お金を借りると元金に対して実質年率と呼ばれる金利が発生し、日割で利息が付与されていきます。

借りた日数分の利息が発生するので、早期完済するほど総支払い額は少なくなるのです。

お金を借りると元金プラス利息の支払いが必須となるので、返済は総支払い額として考える必要があります。毎月の約定返済で地道に返済をしていても、借入残高は簡単には減りません。そのため、繰り上げ返済を併用してより早く元金を減らすべきなのです。

繰り上げ返済の役割は、自動車ローンに例えるならボーナス払いのようなものです。通常の返済サイクルに追加して随時返済することで、元金を一気に減らすことができます。

利息の発生の仕方は、元金により随分と変わってくるものです。キャッシングを利用する方の多くは金利にこだわりますが、利息を減らすには借り方や返済方法も重要です。

借りる金額が少ないほど返済が楽であり、利息の支払いも抑えられます。プロミス審査の段階で、すでに申込者は金利について把握しています。キャッシングで返済不能になる理由の9割以上は借りすぎにあります。

プロミス審査を受ける前に、安全な借入額をシミュレーションすることから始めましょう。

繰り上げ返済とは任意で行うべきもの

繰り上げ返済は任意で行うものであり、業者から要求されるものではありません。ボーナス払いの場合ですと、ボーナス支給がなくても支払いをしなくてはいけませんが、繰り上げ返済に関しては任意により行うものです。

そのため、自分で意識して繰り上げ返済をしないと、ローンの残高は減りにくいです。

計画的に利用される方は、家計診断も同時に行ってムダを解消し、節約をして浮いたお金を返済に回しています。繰り上げ返済は約定返済と別に行うべきものですが、約定返済日に多めに返済するという手もあるのです。毎月の返済額が2万円の場合、1万円増額して3万円にしてもいいのです。

1万円の増額をするだけで、元金の減り方は急速に早まります。ローンを上手に利用するコツは、借入残高を減らすことを意識することです。

毎月コツコツと返済をしていれば、借金返済をしている気持ちになりますが、重要なのは借入残高の減り方です。

毎月2万円の利息が発生する状況では、2万円ずつ返済しても元金はまったく減りません。借金を返済するというよりも、元金を減らすことを意識して借りると、早期の完済が可能となるのです。

追加で返済するのは厳しいと感じる方もいるでしょうが、最初に苦労しておけば後から楽をできます。

プロミス審査を受ける前の心構え

プロミス審査を受ける前に、家計診断と返済シミュレーションを行っておきましょう。プロミスの返済方法は、残高スライド元利定額返済方式と呼ばれるものです。

毎月の返済額を少額に抑えて、返済期間を長くできるのが特徴です。借入期間は最長6年9ヶ月となり、返済回数は最高80回となります。月々の負担を抑えることが可能な返済方法ですが、利息は膨らみがちです。

利息を抑えるためには、返済期間、回数を減らすことを意識する必要があります。プロミスのキャッシングは、本来は少額融資用のローンとして誕生したものです。

限度額は500万円まで対応していますが、キャッシングの本来の利用方法は給料日まで足りない分を借りることでした。しかし、実際には返済能力を超えて借りすぎてしまう方が多く、その結果返済期間が長期化して多くの利息を支払う状況になっています。

プロミス審査を受けられる方は、最長返済期間を決めておきましょう。月の返済額から決めてしまうと、返済期間が長期化します。短期返済するためには、2ヶ月以内に返済するなどと自分の中で決めてしまうことです。

返済よりも借入にポイントを置いて借りると、借りすぎてしまうわけです。