画像

プロミス審査に申し込むときには

プロミスなどの即日キャッシングなどもすることができる金融業者で借り入れをする人が若者を中心に増えてきているといいます。
プロミスで融資をしてもらう前には必ずプロミス審査をしてもらう必要がありますが、その審査の内容のこともきちんと知っておくと、通りやすくなることもあります。ポイントをしっかりと理解して、気をつけるようにしておくといいです。
まず、審査にはインターネットと電話から申し込む人が増えてきているといいます。審査ではどのようなことを行っているのか、というと、顧客が申し込み書に申告している職業や収入など、それぞれの項目をもとにしたスコアリングを行います。そして、信用情報の照会、本人確認書類の確認、勤務先に在籍確認などを確認して、融資を決める担当者が最終的に判断します。
これらの審査方法はプロミス審査だけではなく、すべての金融業者などで行われているものだといえます。
審査を通過できない人、というのもいます。それは、年齢制限に達していない人と、収入がないと判断された人です。本人に安定した収入がない場合はまず無理だと考えたほうがいいです。正社員でなくても、パートやアルバイト、派遣社員や自営業でも問題なくプロミス審査に申し込むことができます。

プロミス審査では具体的に何をするのか

プロミス審査の具体的な内容ですが、まず、スコアリングというのは、コンピューターが借り入れの申し込みをしてきた顧客の情報をもとにして行う自動審査のことをいいます。職業や収入、住居形態など、申込者が申告した各項目に点数を配分して、その点数の合計で限度額を決めていくというシステムです。これが高得点になるほど限度額が高くなるのです。
また、プロミス審査では、必ず信用情報の照会を行っています。信用情報には、過去の借り入れの状態や返済時のトラブルなどがないか、現在他社の金融業者から借り入れをしていないか、しているとしたらいくらなのか、ということなどを調べることができます。簡単にいえば、顧客の借入情報の管理を行っているのですが、この信用情報に事故情報などがあると、借り入れをすることができない場合もあります。
本人確認書類の確認も重要です。この本人確認の書類や証明書で一番効果的なのは運転免許証だといわれていますが、パスポートもわかりやすくていいです。運転免許証には、顔写真が付いており、住所が印刷されているということで、信用度が高い本人確認のものだといわれています。顔写真がついている、というのはとても効果があります。

プロミス審査の前に金利について理解する

プロミス審査に通る前にきちんと理解しておけなければいけないことがあります。
それは、金利のことと返済についてです。金利はそれぞれの金融業者によって違いがありますが、上限は法律で定められた18パーセントまでです。
計算方法は、たとえば、金利が18パーセントのところで借り入れをして30日後に返済する場合、0.18に30をかけて、それを365で割るとどのくらいかかるのかがわかります。
ならば、低金利で借り入れをすればいい、という人もいますが、プロミスで30万円のキャッシングをしたとして、月々に決められている最低でも返さなくてはならない金額、つまり最低返済額で毎月返済していたとします。この計算をすると、払い終わる頃にはプロミスだと総額が46万388円支払うことになるのです。これは、金利が高い状態で返済するよりも、総返済額が高くなっています。
これで、毎月の返済額が低い状態での返済になると、返済期間が長くなって返済総額が結局高くなる、ということがわかります。
金利についてはしっかりと考えて選ぶようにしなければ、日常の生活に影響を与えてしまう可能性もあるので、とても大切なことです。返済計画をしっかりとたててから、借り入れを申し込むようにすることです。

プロミス審査と隠れ金利

プロミス審査に通過をすることができて、融資を受けることができるようになったら、コンビニなどでもキャッシングを行うことができるようになります。
キャッシングをするときにも、実は隠れ金利といわれるものが必要になるのですが、それを簡単にいうと、ATMを利用するときに発生する手数料のことをいいます。キャッシングだけではなく、コンビニでは返済も行うことができますが、それにも手数料がかかってしまいます。コンビニは身近にあるキャッシングと返済ができるところなので、よく利用するという人もいますが、手数料がかかってしまうATMは繰り返し使うことで、手数料により知らずに返済額として金額を増やしていることになるのです。
キャッシングをするときにはどうしてもすぐに必要なとき以外は自分の銀行口座に振込み融資をしてもらう、ということもできるので、振込みだと手数料もかからないので安心して利用することができるようになります。キャッシングをすぐにすることができるコンビニとは違い、多少の面倒さはありますが、それでも隠れ金利とよばれる手数料で支払う金額を増やさないようにすることは可能です。
コンビニでキャッシングをするよりも、総返済額として金額を少なくするためには便利な方法だといえます。