kojinjigyo

個人事業主でも大丈夫!プロミス審査を受けられる

普通のサラリーマンであれば、勤めてさえいれば、決まった給料日にお金が会社から支払われますので、安定した収入が望めます。消費者金融から融資を受けやすい立場にあるともいえ、大手消費者金融のプロミス審査に申し込みやすいメリットを持っています。

サラリーマンではない、個人事業主の場合は、雇用形態が安定しておらず、いきなり収入が途絶えるリスクが、サラリーマンより高いといえます。収入が多くても、安定した収入が得られないのは、カードローンやキャッシング審査で不利に働く要素です。この点が個人事業主がお金を借りにくい立場にあるといえる証拠ですが、プロミス審査であれば、個人事業主でも可能ですので、安心してください。

融資額500万円までの一般的なカードも利用可能なキャッシングサービスと、300万円までの融資額となる自営業者向けのカードローンが用意されています。

他の消費者金融や銀行系のカードローンでは、事業目的に利用することを禁止しているサービスが多いですが、プロミス審査では一般向けのキャッシングサービスでも事業資金に使えるという利便性のよさがあります。消費者金融の中でもトップを争うほど、人気の消費者金融ですので、安心してお金を借りられるのも魅力です。

自営業者向けのカードローンがおすすめ

普通に考えると、事業資金が利用できるのなら、300万円が上限の自営業者向けのカードローンよりも、500万円が上限の一般向けのキャッシングサービスを利用したいところです。

ですが、一般向けのキャッシングサービスは金利が低い分だけややプロミス審査が厳しくなる可能性があります。審査に通っても、事業資金で多額の借入れができない恐れがありますので、個人事業主が事業資金で使いたいなら、専門色の強い、自営業者向けのカードローンに申し込むのが無難だといえるでしょう。

自営業者向けのカードローンでは、一般のキャッシングサービスと比べて金利がやや高めに設定されています。ですが、最も高い金利は両者とも同じ水準ですし、どちらも最も低い金利で借入れを認めてもらうには、かなり厳しいプロミス審査をクリアしなければなりません。

多額の融資を受けたいのでなければ、自営業者向けのカードローンで十分だといえます。一般向けのキャッシングサービスのプロミス審査に落ちた個人事業主が、自営業者向けのカードローンに改めて申し込むという手段も使えるでしょう。しかし、一度プロミス審査に落ちるとしばらくの間は審査に通りにくくなる可能性があることから、はじめから自営業者向けのカードローンに申し込む方が無難です。

プロミス審査で必要なものを用意する

プロミス審査を受けるには、申込書や申込専用フォームに必要事項を記入や入力する以外に、本人確認のための書類を提出しなければなりません。

※運転免許証やパスポート、各種健康保険証といった身分証明書のコピーを用意しましょう。これは一般の人も個人事業主も同じ条件です。

一般のキャッシングサービスに申し込む時には、借入れ希望額が50万円を超えると、収入証明書の提出を求められます。また、他社の借入れと合算した時に、100万円を超える場合にも適用されます。

収入証明書として提出できる書類には、最新の源泉徴収票、確定申告書、給与明細書がありますが、どれか1点提出すれば構いません。個人事業主であれば、本年度の確定申告書のコピーを提出すればよいでしょう。

自営業者向けのカードローンでは、身分証明書だけでなく、借入れ希望額の多さにかかわらず、必ず収入証明書の提出が求められます。確定申告書に加え、青色申告決算書、もしくは収支内訳書を提出します。

さらに事業実態を疎明する書類提出を求められます。「営業許可証」や「受注書」「発注書」「納品書」「領収書」「報酬明細」といった各種書類が該当します。発行日が1年以内の、これらの書類を提出してください。

プロミス審査のその他の条件など

個人事業主がプロミス審査を無事に通過するには、収入の有無や事業実態を証明するだけでなく、基本的な条件にあてはまることも重要なポイントです。

一般向けのキャッシングサービスで年齢が20歳から69歳まで、自営業者向けのカードローンが20歳から65歳までであることが基本です。未成年者や高齢者でも事業を始めることはできますが、プロミス審査においては年齢制限に引っかかり、利用できないケースについて知っておいてください。

どちらのサービスも生計費と事業資金に利用できますが、ギャンブル資金には使えないことを、よく覚えておきましょう。事業を行って生計を立てている人の中には、投機性の高い投資で生計を維持している人もいます。

投機はギャンブルと同様の意味で使われる言葉ですので、このやり方で生計費の大半を維持している人は、プロミス審査に通りにくいといわざるをえません。

審査に通らないだけならまだしも、プロミス審査に通過して、その後、投機性の高い投資が収入の殆どを占めるような生活に切り替わった時に、キャッシングを投資資金に使用すると、損をした時に返済ができないといった危険性が増します。くれぐれもギャンブル資金に使用しないよう、注意しましょう。