kinrioshiraberu

プロミス審査で大切な信用情報のことを知っておく

プロミス審査の審査では信用情報がとても重要なものだと考えられています。

信用情報というのは、信用情報機関というところに記載、管理されている、金融業者との契約や申し込みに関する情報のことをいいます。

プロミス審査をするときには、この信用情報機関に記録されている情報を使って、申し込みをしてきた人の信用情報を確認をまず行います。具体的にいうと、他社での借り入れの状況過去の借り入れの履歴、そして返済遅滞債務整理などをしていないかなどの事故情報です。

これらの情報はプロミス審査にはとても大切なものなのです。事故情報などがあると、場合によっては借り入れをすることが出来なくなってしまう場合もあります。

貸金業法という法律で決まっている、総量規制により、借り入れをしている業者すべてを合わせた借り入れ金額が、年収の3分の1を越えてしまっている場合も、新しい融資を申し込むことはできないので、そのことに該当していると判断されたときにも審査が通ることはないといえます。

信用情報には個人の大切な情報が記載されているので、信用情報機関に登録している金融機関しか確認することはできないようになっています。

プロミス審査と審査内容で重要なこと

プロミス審査では年収以外にもたくさんの審査項目があります。そこでプロミス審査では、与信スコアリングシステムというものを利用して、職業や年齢などの属性というものに基づくものと、借り入れ状況や返済実績などの信用情報に基づくものを確認しています。

プロミス審査では、まず、申し込みをしてきた人の属性を調べて、融資をすることが可能か、可能な場合はいくらまでなのかを判断していきます。

勤務先なら、公務員、大手企業のサラリーマンやOLの方、そしてパートやアルバイト、自営業になりますが、無職だと審査に通る可能性はほとんどないと考えておいたほうがいいです。

雇用形態では、正社員はもちろん、契約社員や派遣などの方、そしてパート、アルバイトなどの順になります。健康保険の種類は年収よりも重要な要素なので、公務員の共済保険、大手の組合保険、中小企業の社会保険、そして国民健康保険の順になります。

どうすればプロミス審査を通りやすくなるのか、というと、属性スコアリングではなく、信用情報スコアリングをきちんとしておく、ということが大切になります。

信用情報なら、過去に金融機関に借り入れした実績を、きちんとしておくことで審査に通りやすくなることが可能になるということです。

プロミスの金利と返済額について

プロミスは基本的には自由返済だといいます。ですが、いくら自由返済だとしても、プロミスで決められている毎月の利息分と元金をあわせたこれだけの金額を必ず返済すること、という金額があります。

それを最低返済額といいます。最低返済額というのは、それぞれの金融業者によって月々に決められている、最低でも返さなくてはならない金額のことです。

プロミスの1年に支払わなければいけない金利は4.5パーセントから最大の金利で17.8パーセントです。

どうせなら、金利の低いところで借り入れをしたい、と考える人は多いです。金利が低ければ、総返済額が少なくてすむだろう、という考えから、そのように思う人もいますが、実際は、たとえば、プロミスで30万円の借り入れをしたとします。

毎月、最低返済額を支払い続けるとしたら、払い終わる頃には、総額で46万388円も支払わなければいけない、という風になるのです。

つまり、金利が低い状態で毎月の返済額が低くして支払い続けていると、返済期間が長くなって返済総額が高くなることもある、ということです。

もちろん、毎月の返済額が少なくてすむぶん、普段の生活への負担は少なくてすむのでいいです。簡単にいえば、返済結果をとるか、返済過程をとるか、ということです。

プロミス審査を通過するための対策

プロミス審査を受ける前に考えておくべきことはいろいろとあります。金利はもちろん、返済計画もそうです。

そして、審査を通りやすくするために対策を調べておくのも効果があります。誰にでも簡単にできる審査の対策というものがあるのですが、それは、申し込み書を丁寧に、間違えずに記入するということです。

申し込み書にはたくさんの書かなければいけないものがあるのですが、誤字、脱字、そして何も書かれていない空欄などが多い場合は、正確な審査をすることが不可能ということで、否決されてしまうこともあるといいます。

また、属性を上げるために偽りの申請をしたりしても、勤務先への電話で行う在籍確認や個人信用情報の調べたときに、必ずわかるものです。

なので、申し込み書は、必ず正しい情報と丁寧な字、そして空欄などがないように、きれいに書くようにすることが大切です。プロミス審査を申し込む前に調べることはたくさんあるのですが、金利や信用情報について以外にも、自分のことについてもあらかじめもう一度考えて、申し込み書に正しく書けるようにしておくことが大切です。

もしも、引越しなどで住所がかわったのに、まだ身分証明書の手続きをしていない、という場合は、申し込み書に書く住所が違ってしまいます。

その場合は、その理由をきちんとプロミスの担当者に伝えて、公正な機関で取り寄せた身分証明書になるものを出して、現在の住所の確認をしてもらうようにするといいです。