keiyakukikan

プロミス審査で重要だといえること

即日融資、即日キャッシングなど、いざというときにすぐに利用することができる金融業者のサービスは、若者を中心に利用者が増えているといいます。

プロミスもそのひとつで、プロミス審査に申し込みをする人はとても多いということです。プロミス審査では、いろいろなことを確認するのですが、そのなかでも重要視されているのが信用情報とスコアリングです。

スコアリングは職業、収入、住居形態、居住年数、勤務年数や勤務形態など、申し込み者の申告したものの項目に点数を配分して、その点数を合わせたものから融資することが可能な限度額を決めるシステムで、コンピューターが申告された情報から行う自動審査のことをいいます。

そして、もうひとつの信用情報とは、簡単にいうと、クレジットカードやローンなどを利用した記録のことをいいます。

この信用情報は日本に3つある信用情報機関でしっかりと管理されており、この3つのうちのどこかに必ず金融業者は登録しているということです。

※ たとえば、ローンを組んだときには、その契約の内容や、返済状況、返済残高などが記録されて管理されているのです。

信用情報のなかでも、事故情報などの金融業者とのトラブルはきちんと確認されるので、大切な情報だといえます。

プロミス審査と信用情報のこと

プロミス審査で必ず確認される信用情報ですが、どのようなものなのかというと、簡単にいえば、金融機関との取り引きの履歴です。

ローンやキャッシングに申し込んだときや、クレジットカードを契約したとき、それらの返済を行ったとき、返済期日に間に合わず、延滞してしまったときなどの情報が記録されています。

信用情報は3つの機関がある

シー・アイ・シー、日本信用情報機構、全国銀行個人信用情報センターというこの3つのいずれかに、金融業者は必ず登録しています。

ちなみに、延滞したことや強制解約をされたこと、債務整理などの事故情報は、基本的に全ての信用情報機関で共有されているので、どの金融業者でも確認することができるようになっているということです。

どの情報が、どのぐらいの期間で残っているのか、というと、申し込みしたときに記録されるものは、申込先、個人情報、申込日、商品の種類で、最長で6ヵ月間は保存されます。

そして、契約したときには、契約日、契約した商品の内容、利用限度額、支払回数などで、解約後から最長で5年間だということです。

信用情報はとても重要な個人情報なので、金融業者も大切にしているのです。

プロミス審査と無利息期間について

プロミス審査を通過して、契約することもできたから、さっそくキャッシングをしたい、という人もいますが、利息のことなどをしっかりと理解してから利用するようにしなければいけないです。

利息のことや返済計画をたてずに利用してしまうと、日常生活にまで影響を与えてしまう可能性もあるので、気をつけなければいけないのです。

利息と金利について

利息というのは、貸したお金のレンタル料のようなものです。レンタル料がいくらになるのか、ということを計算するのに使うのが金利といい、パーセンテージで表されているものです。

金利は基本的に年率で、1年間お金を借りた場合に発生する、利息の割合を表しています。

※ たとえば、金利が18パーセントで100万円を借りたときには、1年後に支払う利息は100万円に18パーセントをかけて、18万円になります。

つまり、すべて返済するときは、118万円を返済しなければいけない、ということになるのです。

プロミスには無利息期間というサービスがある

この無利息期間というのは、その言葉通り、その期間だけ利息を必要としない期間のことです。

プロミスでは初回利用の場合に限り30日間無利息、というサービスを行っています。この期間中にすべて返済してしまえば、元金のみを返済するだけでいいので、とてもお得なサービスになっています。

プロミス審査で発行されたカードの契約期間は

プロミス審査に通過したら、プロミスの店頭窓口、もしくは郵送で契約に必要な書類や契約書などを書きます。

そして、プロミス審査の結果で最終的に契約が成立すればキャッシングすることができるカードを発行してもらえるのですが、このプロミスカードに実は契約期間があるのです。

プロミスカードの会員規約には、プロミスカード会員の規約の第4条の契約期間というところがあるのですが、プロミスカードの契約期間は契約が成立してから5年間は契約期間になります。その間に自分で解約する、もしくはプロミス側から契約を解除されるということがない限りは自動的に更新されることになります。

利用限度額の範囲内で利用して、それをきちんと返済している人の場合は、ずっと契約は継続され続ける、ということになります。

第4条 (契約期間:借入期間)

本規約にもとづく契約期間は、契約が成立した日から起算して5年間とし、お客様は、契約期間中、利用限度額の範囲内で繰返し借入ができます。

契約期間の満了日から起算して30日さかのぼった日より前に、お客様または当社から契約を継続しない旨の意思表示がない場合、契約は、さらに5年間自動継続し、以後も同様とします。

契約が自動継続されることなく契約期間の満了により終了した場合、お客様は、以後あらたな借入ができません。

プロミスカード会員規約 http://cyber.promise.co.jp/APE00042.html

トラブルなどがない限り、契約期間がある、ということを知らずに更新している場合もあるのです。

通常の使い方をしている人なら、契約期間を意識するようなことはないので、知らずにいるまま、ということは多いということです。

契約期間が更新されない、または強制的に解除されてしまったというときは、次にプロミスやほかの金融業者を利用することができるまでに数年間もかかってしまう場合もあるといいます。