kariirehoho

プロミス審査に通過するためには

プロミス審査に通過して借り入れをするためには、まず総量規制に触れない範囲で借り入れをしなければなりません。総量規制とは借り入れる人の年収の三分の一以上のお金を借りてはならないという法律です。

年収が3億円あっても、すでに1億円の借入れがあれば総量規制の適応となり、もう1円も借りられないことになります。しかし総量規制の対象となる年収の三分の一のなかに住宅ローンや車のローンの残債は算入されません。ですから住宅ローンや車のローンの返済期間中であっても他の借り入れがなければ総量規制に触れることはありません。

奨学金も総量規制の対象となる年収の三分の一のなかに算入されませんので奨学金の返済期間中であっても他の借り入れがなければ総量規制に触れることはありません。

プロミス審査に通過して借り入れをする

大事なことはプロミス以外の消費者金融会社と同時に申し込みをしないことです。プロミス以外の消費者金融会社に申し込みしてしまうと信用照会機関にその情報が入ります。

その結果信用照会機関ではかなりお金に困っていて返済が困難であると見なします。結局プロミス審査に通過できず借り入れができない可能性がかなり高くなります。

プロミス審査に落ちてしまった場合は

プロミス審査に落ちてしまった事態に備えてプロミス以外の消費者金融会社に申し込んでおこうと考える気持ちはわからなくはないです。

しかし複数の消費者金融会社と同時に申し込みをしたという情報はプロミス審査の時点で信用照会機関に入りますので結局逆効果です。まずはプロミスだけに審査申し込みをしましょう。

万が一プロミス審査に落ちてしまった場合はすぐに他の消費者金融会社に借り入れの申し込みをしても、なかなか審査には通りません。プロミス審査に落ちてしまった時点で総量規制に触れていないかなどプロミス審査に落ちてしまった原因を分析と対策を講じてから次の行動に移しましょう。

インターネットでプロミスに借り入れの申し込みを行った場合

プロミスから申し込みをした方宛に本人確認の電話が入ります。

その時のプロミスのオペレータの方との電話応対で与える印象はプロミス審査に少なからず影響を及ぼします。電話応対は丁寧に行うのに越したことはありません。

もしもあなたが電話を頂く時点でプロミス審査通過基準に達していたとしても電話応対に問題があれば、それだけでプロミス審査に落ちてしまう原因になってしまう可能性があります。

必要以上の敬語を使う必要はないとは思いますが、なるべく良い印象が残る受け答えを心がける必要があります。

プロミスが定める基本的な審査基準1

ではプロミスが定める基本的な審査基準について詳しく解説します。まず借入をする本人に安定した収入のあることが一番大切な審査基準となります。

具体的には20歳以上69歳以下で借入をする本人に安定した収入のあることです。正社員だけではなくパートで働く主婦や学業の傍らでアルバイトに勤しむ学生など、どうしても高い収入にはならなくても、その収入が安定している場合は利用することができます。

審査に有利な勤務先

審査では勤務先は公務員が一番優位となり、民間企業の場合は大企業であればあるほど良いということになります。無職の場合は安定した収入がないとみなされ審査が通りません。雇用形態については正社員が一番優位となり、契約社員、派遣社員、アルバイトと続いていきます。

しかし審査においては雇用形態よりも勤務先の方が重要とされていますのでアルバイトであっても勤務先が大企業の場合は審査の評価は良い場合があります。

健康保険に入っているかも重要視

公務員が入会する共済保険が一番優位で大手企業の組合保険も評価が良いです。次いで評価が良いのが中小企業の社会保険で、国民健康保険が一番評価が低くなります。

パートやアルバイトの信用が低いのは国民健康保険の信用が低いためです。

プロミスが定める基本的な審査基準2

審査では勤続年数は長ければ長いほど良いとされ、6か月未満の場合はかなり厳しくなります。また年収は多ければ多いほど評価が高くなります。

以上のような仕事に関する審査基準の他に家族構成や居住形態という生活に関係する項目も審査基準となります。

家族構成は独身で家族と同居している人が一番優位となり、次いで既婚者で家族と同居していて子供がいない場合が優位となり、次いで既婚者で家族と同居していて子供がいる場合、既婚者で家族と別居している場合、独身で一人暮らしの場合と続きます。

このように同居している人の中に安定した収入がある人が多いと優位になるようです。

居住形態は本人名義の持ち家が一番優位となり、次いで家族名義の持ち家、官舎や社宅、賃貸住宅、公営住宅と続きます。居住形態は経済状況を評価しているだけではなく、夜逃げの可能性が低いかどうかということも評価しています。そのため持ち家の評価が高いのです。

以上のとおり様々な審査基準があり、評価も高いほうがいいに違いないのですが安定した収入がありプロミス以外の借入がなければ審査自体に通らない可能性はまずないはずです。以上を踏まえて計画的にプロミスを利用しましょう。