jidokeiyakukikanou

プロミス審査の申し込み書は丁寧に書く

プロミスなどの金融業者のサービスである即日キャッシングなどを利用する人が、若者を中心に増えてきています。

プロミスで即日キャッシングを利用するときは、プロミス審査を通過しなければいけないのですが、プロミス審査ではどのようなことを審査するのかを知っておくと、気をつけることができるポイントがわかってきます。

プロミス審査では、スコアリング、信用情報を必ず行っています。そして、在籍確認も行われており、申し込みの書類などをしっかりとチェックします。

プロミス審査に申し込みをするときに書類を書くのですが、このとき書類に空欄が多いと否決される可能性もあるといいます。その理由は、スコアリングに関係があります。スコアリングの評価が低いと否決されてしまう場合もありますし、信用情報などでも事故情報などがあったときには、融資を受けることはまずできないと考えていいです。

なので、申し込みの書類は必ず、丁寧に、空欄ができるだけないように書いておくようにします。誤字、脱字などにも気をつけて、事前に申し込みの書類に書かなければいけないことを調べておいて、すぐに書けるようにしておくのもいいということです。

プロミス審査ではじめに行うスコアリング

プロミス審査で申し込み書を書いたときにそれを元に行われる審査がスコアリングです。

スコアリングというのは、貸したお金を回収できなくなる確率を、個人情報に点数をつけて分析して判断する、というものです。職業、収入、住居形態、年収など、申込者が申告したその内容を項目別に点数をつけて、その合計点が高いほど融資の限度額が高くなっていきます。

極端にいえば、同じ高収入だったとしても、一流企業に勤めている人と自営業の人では、スコアリングでは大きな差があります。それは安定した収入や雇用形態での保障ということからスコアリングに関係してきます。

スコアリングでは、いろいろな項目で点数をつけているのですが、たとえば、独身の若者より独身の高齢者の人のほうが不利になりますし、融資が難しい年齢などもあるのです。住居種類や居住年数なども点数がつきますし、会社名、勤務先住所、勤務先電話番号、社員数などもスコアリングで点数として判断されます。

また、月収や年収、保険証種類なども点数で評価されます。

スコアリングはどの金融業者でも必ず行っており、とても大切なものだといえます。なので、申し込み書は丁寧にしっかりと事実を書く必要があるのです。

プロミス審査でも重要視されている信用情報

信用情報は金融業者にとってとても大切なものです。プロミス審査でも信用情報はとても重要なものと考えています。

信用情報の照会をするときには、信用情報機関というところに問い合わせをします。信用情報機関は日本に3つあり、株式会社日本信用情報機構、株式会社シー・アイ・シー、全国銀行個人信用情報センターというものです。

この3つは調査機関であり、管理と記録をしています。それぞれの金融業者は、契約して融資をしても問題ないか、ということを判断するために、信用情報機関を通じて申し込みした人の信用情報を確認しています。

金融業者は必ずこの信用情報機関のどれかに登録しており、融資をする前に確認を行っているのです。

また、基本的に金融機関は加盟している信用情報機関にある信用情報しか見ることはできないのですが、一部の情報だけは3つの信用情報機関で共有されています。それが、延滞、債務整理などの金融業者とのトラブルである事故情報、カードの紛失や盗難に関すること、本人からの申告情報です。

一度借り入れをしたことがあっても、その後にしっかりと返済をすませてごく普通のことをしていれば信用情報を確認されても審査に通過することは可能だということです。

プロミス審査の申し込みを自動契約機を行う

プロミス審査の申し込みをするときに利用しているのはインターネットや電話、という人が多いのですが、無人の自動契約機から申し込みをしている、という人も多いといいます。

自動契約機で審査の申し込みをするときは、審査に必要な書類を忘れずに持っていくようにします。自動契約機からの申し込みなら、誰にも会わずにスムーズに申し込みができるということで、あまり人に会いたくない、というときや、急いでいるときなどにも便利です。約30分ですべての手続きが完了する、ということです。

申し込みの内容をもとにして、審査をするのですが、自動契約機での申し込みの審査中はカードの利用方法の説明ビデオが流れているので、しっかりと確認をしておくようにします。審査の結果、契約可能な金額を答えてくれるので、その範囲で利用をすることができるようになります。

プロミス審査の結果で契約することができたら、その場でカードを発行してくれるので、とても便利です。このプロミスカードはこの後、自動契約機を使ってすぐに利用することが可能になります。

ですが、自動契約機にも利用できる時間と受付時間などがあります。なので、自動契約機の利用時間を確認してから申し込みをするようにすることが大切です。