jidokeiyakuki

プロミスという企業を知る

プロミスは消費者金融の会社名だと思っている人が多いですが、実際には三井住友ファイナンシャルグループの完全子会社であり、この会社の融資サービスの名称がプロミスです。

消費者金融から借金をするのに抵抗がある人でも、この事実を知って安心する人も大勢います。

個人宛ての融資に関して国内屈指の大手企業です。つまり、闇金等の法外な金利を要求されたり、返済能力がないのに融資を実施し最終的に債務者が路頭に迷うような心配をしなくて大丈夫なのです。逆に借り手の都合で欲しいだけ融資してもらえない、とも言えますが理想です。

窮地に追い込まれた人は、融資を受ける事に必死でその後の返済、生活の事を考える余裕がありません。その点、プロミス審査の様に大手企業が事前に融資額を慎重に検討してくれるのは有り難い制度だと言えます。

融資を受ける企業について、よく理解した上で申込み及び申請すると安心です。バックにどんな人や企業が存在するか分からない状態ではなく、プロミスというサービス名である、という認識で融資申請を行いましょう。

この点を家族に説明するだけでも理解を得る事が出来るでしょう。無鉄砲な融資ではなく、計画的な融資を希望するという姿勢が大切です。

プロミス審査には様々なスタイルがあります

▶人にどれだけ融資するかを判断するプロミス審査には、大手らしく実に様々なスタイルがあります。

▶店頭に出向き担当者に直接相談するタイプ。

▶インターネットで幾つかの質問に答えるだけで、融資が可能か否か判断してくれるタイプ(実質的なプロミス審査ではありません)。

▶無人の自動契約機で個人情報を入力し、融資決裁を仰ぐタイプ。

いずれかのスタイルを選んでも、プロミス審査は一定の基準があり、どのスタイルが融資額が多い等の違いは全くありません。プロミス審査は対面が苦手な人、手軽に自宅で済ませたい人、個人に合った方法が選べるという特徴があります。

自動契約機は利用率の高い審査方法です

機械の向こうには遠隔地に人が居て、顔も見られていますが、自動契約機で融資が降りて、カード(現金)を受け取るのに最短1時間というのは国内トップクラスの迅速さで知られます。

プロミス審査ならではの気楽さで、自動契約機で全ての契約が終了するというのは他にはない特徴でありメリットです。

尚、自動契約機で契約に至らなかった場合はやはり有人店舗で相談する必要があります。スタイルは様々でも、プロミス審査は決して緩いものではなく、多重債務や過去の取引記録も重視されます。

自動契約機のメリット

いつ急なお金が必要になるか誰にも分かりません。

プロミス審査の自動契約機の最大のメリットは、365日、24時間いつでも対応してくれる点です。店舗だと思いがけず知り合いに出会い、痛くもない腹を探られるかもしれない、1分1秒を急いでいる時には無駄な時間が一番嫌なものです。

プロミス審査は収入や職業に応じて融資額を決めますが、最大でも一千万円、収入の安定しない人の場合は限度額が500万円と低い等の設定が設けられています。これにより、必要以上の融資を受ける事は殆どありません。

急いでいる、誰にも見られたくない、そんな時に自動契約機が重宝します。自宅のインターネットよりダイレクトに情報が伝わるので、最短という点で言うと自動契約機に勝る物はないでしょう。

このメリットに甘んじる事のないよう、何故緊急のお金が必要で、幾らあれば事足りるのか、冷静になって融資を受けましょう。

最短1時間で融資決裁されますが、深夜に融資されても、銀行の窓口が開いてないと意味がない事も多々あります。何月何日の何時迄に幾らの現金が必要か逆算して申請をしましょう。

証拠として残らない現金のやり取りにはより慎重になる必要がある事を忘れてはいけません。

融資を受けた後の責任を全うする

始めてプロミスを利用する人には30日間利息ゼロで融資する、というサービスを展開しています(急きょ終了する可能性もあります)。

また、無収入の主婦でも即日融資が可能です。事前に配偶者の年収や債務情報を申告した上で融資されるので、返済に滞る事は考えにくいですが、融資を受けた後は、完済するまで、必ず返済計画に乗っ取って、1回でも遅れる事のないように気を付けましょう。

プロミスの特徴ですが、まとめて一括返済しても利息に変わりがないというデメリットがあります。

逆を言えば、計画通り返済すれば良いのです。急いで返済(完済)しなくても、無理なく計画に添って返済すれば良いのは気が楽です。

ちなみに、有人審査でも自動契約機で受け取った融資でも、提出する身分証明書などは一切変わりがなく、他人に成りすまして借りる事は不可能です。完済すれば、全く問題のない融資です。

二度と借りるつもりがなかったのに、また急なお金が必要になった、人生は何があるか分かりません。

次に繋がる気持ちの良い契約を遂行したいものです。少しでも返済に狂いが生じた場合は、速やかに相談に行き、返済計画を変更しましょう。返済意思のある債務者には協力的です。