honninkakunin

プロミス審査への申し込みと審査内容

プロミス審査ではどのようなことを調べるのかを、はじめに知っておくことが大切です。まず、プロミス審査に申し込みをすることができるのは、20歳から69歳までの、自分で安定した収入を得ている人であることです。

そして申し込みをするには、主婦、学生だったとしても、パートやアルバイトなどの仕事をしており、毎月安定した収入があると考えられる場合は利用することが可能になります。もちろん、派遣社員であっても借り入れをすることは可能です。

正社員やパート、アルバイトなどに関係はなく、定期的な収入がある、ということが大事になってきます。

プロミス審査では、ほかの金融業者と同じように、信用情報を一番大切にしています。具体的にいうと、他社でどのくらい借り入れをしているのか、過去にどのように借り入れをしているのか、返済の遅れや債務整理などの事故情報がないか、などを確認するのです。

返済に遅れが何度もあったり、金融業者への借り入れでトラブルを起こしたりしている場合は、信用情報に記載されているので、どんなにごまかそうとしてもわかってしまいます。

他社ですでに借り入れが年収の3分の1を越えるぎりぎりなどであっても借り入れをしてもらえない場合もあります。

プロミス審査で必要な書類とは

プロミス審査を申し込みするときには必要な書類があります。まず、本人確認書類は絶対に必要です。

はじめに本人確認で確認をされるのは、住所と氏名、生年月日です。これは正式なものでなければならず、会員証などでは証明したことにはならないので注意します。

必ず戸籍に基づいたもの、つまり区役所や市役所という公的機関が発行している身分証明書である、と確認できるものであることが大切です。

公的書類を具体的に書くと、運転免許証、健康保険証、パスポートなどがいいということです。

外国人の場合は、在留カード、もしくは特別永住者証明書も必要になります。それから、収入証明書と確定申告書もそろえておくといいです。

貸金業法という法律で、現在の居住地である住所、そして氏名と生年月日の確認は最優先事項であると考えられています。

また、今日借り入れをしたいけれど、住所を書き換えてなかったなどの証明書に記載されている住所と今住んでいる住所が違っている場合は、免許証と、住民税の領収証などの今住んでいる住所を確認することができる書類を用意しておけば大丈夫です。

現住所の確認ができる書類は、住民税の領収書や納税証明書、社会保険料の領収書、水道、電気、ガスなどの公共料金の領収書や住民票の写しなどです。

プロミス審査の最後の在籍確認について

プロミス審査だけではなく、金融業者から借り入れをしたときには必ず行われるのが在籍確認です。

ほんとうにその職場で働いているのか、ということと、本人確認の意味もあります。在籍確認を行うのは、本人確認はもちろん、プロミス審査に最後まで通ることができたときに行うものなので、ここまでくれば借り入れをできるようになっている、と考えてもいいといいます。

在籍確認は必ず行うものです。プロミス審査では、在籍確認をするときには会社名を名乗ったりはせず、個人名を使って行うので、会社などに知られることはない、ということです。

また、非通知で掛けてくれるので、折り返すことはできない、といいます。なので、プロミスからの電話であるとはわからないのです。

もしも、どうしても在籍確認をしてほしくない、という理由がある場合は、あらかじめプロミスの担当者に相談しておくといいです。たとえば、具体的な対応依頼がある場合は、そのことを伝えておくようにします。

電話をかける時間を指定する、などの対策をしておくと、本人が電話に出ることができる状況を作るようにすると会社に知られる可能性はないですし、本人確認もできるのでいいといえます。

プロミス審査の対策に申し込み書や本人確認の書類は大切

プロミス審査で審査が通りやすい職種というものはあるのか、というと、一番いいのは、正社員で勤続年数が長人、そして年収も高いというときは審査に有利だといえます。

ちなみに最も安定していると考えられる職業は公務員だといいます。審査では、いくら年収が高かったとしても、月の収入が安定していない職種だったり、お給料の上下がよくあるような職種だと審査に通りにくくなってしまう場合もあります。

これはもちろんアルバイトやパートなどの仕事をしている人にもいえることで、時給が低くても、定期的に確実な収入が確実にある、という人の方が審査を通りやすいといえるのです。

審査の対策としてできることもあります。それは、申し込み書をしっかりと正しい情報で、丁寧に記入する、ということです。

申し込み書に誤字、脱字、空欄などが多い場合、正確な審査ができない、と判断されて否決される可能性もありますし、本人確認などの書類を偽って申請したとしても勤務先への在籍確認や個人信用情報の照会を行うので、必ずわかってしまいます。

なので、必ず申し込み書には正しい情報を書き、丁寧に誤字脱字のないようにすることと、本人確認ができるような書類をきちんと用意しておくことが大事です。