hensaiokure

プロミス審査の概要について

大手消費者金融の1つにプロミスがあります。利用をするにはプロミス審査をクリアする必要があり、ここでは、基本的な内容から独自なものまで様々な条項が定められています。

そして、申し込みをするには事前にその内容を把握し、シミュレーションを行うことが融資を受けるには効果的な方法となります。プロミス審査の内容としては、まず、基本的な項目として、勤務形態に関係なく定期的な収入があることが条件となります。

次に、年齢に対して20歳~69歳までという制限が設けてあります。他にはコンピューターを用いたスコアリングと呼ばれる手法で判断が下されることになっており、それは属性スコアリングシステムと呼ばれ、多くの金融業者にも利用されている方法となります。

プロミス審査では、属性スコアリングによって、勤務先や勤続年数、また年数や勤務状況の他、年齢や家族構成、居住形態、居住年数、そして、加入保険の種別や電話区分に至るまで判断がされることになります。

属性スコアリングはデータに基づいて客観的に判断されることになっており、ここでは業者によってはその内容に関して若干の違いがあることもあり、

※ 例えば、持ち家の方が借入には有利に働いたり、また、独身よりも家族がいた方が審査に有利になる場合もあります。

信用情報の重要性について

借入を行う場合には信用情報が重要な項目となります。プロミス審査においては信用情報は重要な位置をしめ、これは他の金融業者においても同様の扱いとなります。

その内容とは、大きく3つにまとめることができ、それは、他社からの借入に関して、過去の借入履歴に関して、そして金融事故、つまり返済遅延や債務整理などがあります。

特に、返済の遅れに関しては厳しく審査が行われることになり、ここでの判断は借入を行う上での大きなポイントの1つとなります。

まず、他社からの借り入れに関しては年収と大きな関係があり、貸金業者では総量規制の法律も適用されているために合計で1/3以上になるような場合では借入をすることはできなくなります。

また、過去の借入に関しては、借入額が少ないことなどや動きが少ない場合などには判断材料とされることがあり、ここでは実績が確認されることになります。そして、3つめが事故歴となります。

プロミス審査ではこれらの内容い関して、個人信用情報機関から各々の情報を入手しており、例えば、申し込みで虚偽の内容を記載したとしてもそのまま通すことはできず、逆に虚偽申請ということで最初からの心象にも悪影響を及ぼすことになります。

プロミス審査で利用される個人情報とその関係

プロミス審査では個人の情報に関して信用情報機関から情報を入手し、借入に関しての返済の遅れなど、様々な内容を確認するようになっています。

個人信用情報機関よは

日本情報機構、CIC、銀行が会員となって利用をしている機関がありますが、プロミス審査では日本情報機構とCICの情報を基に審査を行っており、ここでは借入、ローン等に関する金融に関する内容が全て分かるようになっています。

当然、ここでの内容は利用者側、つまり、登録がされている個人においても利用することができるようになっており、借入を申し込む場合に事前に自分の情報を入手し、返済や遅れなどの内容を確認することも効果的な方法となります。

特に、数社から借入を行っている場合、また、小額であるためにその返済が度々遅れることがあるような場合には自分で把握をすることも忘れがちになってしまい、いざ、借入段階になって融資が通らないという状態にもなりかねません。

借入がスムーズに希望通りに行くためにも、情報の管理は大切なことになります。

個人信用情報機関には、概ね5年間に亘る内容が残るために過去での返済遅れなどには十分に注意が必要となり、この内容に関しては日本情報機構では事実が発生してから1年間となっています。

プロミス審査に影響を及ぼす他の返済遅れとは

プロミス審査においては返済の遅れに関しては重要な内容となりますが、注意をしなければならないのが借入の他に関しての内容です。

個人信用情報機関では金融機関や消費者金融だけでなく各種のローン支払いなどに関しても情報が網羅されています。そのために、融資などに関しては返済も含めて問題がない場合でも、時として審査が通らない場合あるために十分な注意が必要となります。

当然、プロミスにおいても融資の判断をする項目として捉えており、申し込む場合には金融業者からの借入だけでなく商品に関してのローンも大きく影響がすることを認識しておく必要があります。その中の1つに携帯電話があります。

通常、支払いを延滞した場合には、一時的な使用ができなくなることや強制解除が行われる程度と認識している人も多く存在します。しかし、この場合には信用情報に傷が付くこをを理解しておく必要があります。

それは、一般的には端末を購入する場合に分割で契約をしていることが多く、そのために料金支払いを怠った場合には一般的に商品をローンで購入した場合と同じ判断がなされていることにあります。

しがたって携帯電話料金、当然、現在主流となっているスマホももちろん対象となりますが、遅れることによって個人信用調査機関に登録されることになり、一度登録がされると5年間は消えることがありません。その結果、例えば車のローンなどを組もうとしても審査は通らなくなり、購入することはできなくなります。