ginkofurikomi

事業資金にも使える便利なキャッシングサービス

お金が用意できない、足りないという瞬間に、すぐさまお金を借りられるシステムがあると便利です。すぐにお金を借りられるシステムとして、消費者金融のキャッシングサービスがあります。
大手消費者金融のプロミス審査はとても簡単、スピーディーに終わらせることができ、インターネットやローンカードを使って、都合のよい時間にお金を借りることができます。
プロミス審査の末に契約できるキャッシングサービスは、生活資金だけでなく、事業資金にも使える優れたものです。銀行のカードローンでは事業資金の利用を禁じている例が多く見かけられますが、一般的なキャッシングサービスであっても、事業目的の借入れでプロミス審査を受けることが可能とあり、自営業の人でもお金を借りやすいのが魅力です。
自営業向けのカードローンも用意されていますので、一般向けのサービスが利用し辛く感じても、そちらのサービスを選べば、プロミス審査に通りやすくなります。
銀行のカードローンと比較すると金利の高さがやや気になるものの、インターネットやATMから、自分の好きなタイミングで返済が行えますので、お金に余裕があれば素早い完済が可能になり、金利の高さがほとんど気にならないほど、お得にお金を借りることもできます。

銀行振込で簡単にお金を受け取れます

プロミス審査は速さが自慢のサービスです。インターネットから簡単に申し込みが可能で、最短30分でプロミス審査が完了し、連絡を届けてくれます。
銀行振込先として自分が所持する銀行口座を知らせれば、即日融資が可能です。銀行振込で融資を行ってくれるとあり、自宅にいながらその金額を確認することができ、すぐさま銀行振込による支払いに利用したり、口座振替用として、お金を銀行口座に預けておくことができます。
ローンカードが手元に届けば、銀行やコンビニなどの提携ATMから、現金で引き出すことも簡単です。
インターネットから申し込んだ後、郵送で契約を希望する場合には、必要書類の提出に時間がかかりますので、すぐに銀行振込でお金を借りることができません。急ぎの場合はインターネットで契約まで済ませるのがおすすめです。
自動契約機からプロミス審査を受けるという手段もあります。この方法であれば、その場でローンカードが発行されますので、近くのATMを使って、すぐに現金で借りることが可能です。自動契約機の契約であってもインターネットを利用して、銀行振込による借入ができます。すぐさま現金が欲しい時には、銀行振込よりも、自動契約機のローンカードの方が素早く借りられます。

土日でも振り込んでくれるサービスが魅力

一般的なキャッシングサービスのプロミス審査を受けた時には、銀行振込を指定しても即日融資が受けられない時もあります。それは土日祝日の、プロミス審査が休みの場合です。土日祝日に申し込みをすると、プロミス審査の結果は、翌営業日まで待たなければなりません。その後、銀行口座へ振り込みを実行するという流れです。
しかし例外として、一部の銀行とネット銀行の銀行口座を指定した場合には、土日祝日に関係なく、受け付けを終えてから10秒以内に振り込んでくれるサービスが利用できます。土日祝日可能で、加えて24時間利用できるサービスですので、該当の銀行口座を保有している人は、その銀行口座を指定すると非常に便利にキャッシングサービスを利用できるようになります。
ただし、それぞれの銀行ではメンテナンスを実施するタイミングがありますので、メンテナンスの時間帯には利用が停止されることを覚えておきましょう。
それ以外の銀行口座を指定した場合には、翌営業日の9時30分頃に、振り込んでくれるようになります。平日であれば、受付時間によって、振り込まれる時間に違いがあります。9時から14時50分の間に手続きをすれば、10秒程度で振り込んでくれます。

どうやってプロミス審査を受ければよいのか?

振り込みまで最短で10秒という、とても便利なキャッシングサービスを利用する前に、プロミス審査の受け方を覚えておきましょう。
まず申し込みをしますが、審査が不安だというのなら、公式サイトに設置されている、診断サービスを利用しましょう。情報を入力すれば、その場で借りることができるのか、簡易的な診断を確認することができます。
診断でよい結果がでたなら、実際に申し込んでみましょう。公式サイトから必要事項を入力して、送信するだけで完了します。パソコンに限らず、スマートフォンや携帯電話からでも簡単に行なえます。
自動契約機や特定の銀行のローン契約機からも申し込めますし、電話や郵送、店頭窓口でも可能です。利用しやすい方法を選んでみましょう。銀行振込を希望するなら、インターネットを利用した申し込みが便利です。
24時間365日受け付けてくれます。
本人確認書類の提出は必須です。運転免許証や健康保険証、パスポートを用意します。外国籍の人は、在留カードや特別永住者証明書も、一緒に提出します。
借入希望額が一定額以上の時には、同時に収入証明書が必要になります。最新の源泉徴収票や確定申告書、給与明細書を準備しましょう。