gakuseimoshikomi

プロミス審査は学生でも申し込みは可能

プロミス審査の申し込みをするときに気になることはいろいろとありますが、まず、申し込みをすることができる年齢はいくつからなのか、というと、20歳以上であることが条件です。
たとえば、プロミス審査に申し込みをするときには、学生であっても20歳以上であることと、一定の収入があることがわかれば借り入れをすることは可能です。一定の収入、ということで、まだ学生だから、学生のうちは社会人として働いているわけではないので一定の収入には入らない、と考えがちですが、アルバイトなどでも毎月、きちんと収入がしっかりと入ってくる場合は大丈夫です。
ただし、希望借り入れ金額が50万を超える場合、または他社の利用残高と合わせた借り入れ金額が100万円を超える場合は、学生でも収入証明書類が必要になることがあります。これは学生でも社会人でも同じです。
20歳以上でアルバイトをしている人で一定の収入があれば誰でも必ず審査に通るというわけではないといいます。たとえば、学生本人が奨学金や学生ローンなどの借り手になっているときは、借り入れをしている、とみなされて、審査に通りにくくなり、その人によって借り入れすることができない場合もあります。

プロミス審査を学生が有利に進めるためには

学生がプロミス審査を有利に進めるためにしておくといいことがあります。
それは、まずアルバイトで定期的な収入を得ることです。先にも書いたように、一定の収入があれば、学生でもプロミス審査を申し込むことは可能です。収入がないと、返済能力がないと判断されてしまうので、アルバイトなどで定期的に収入を得るようにしておくことが大切です。どのくらいの収入が必要なのかというと、そのようなものはないといえます。プロミス審査では、申し込みをしてきた人のあらゆる情報をみて総合的に判断します。なので、年収がいくらから、というような一律の基準はないのです。
収入の金額よりも安定性を重視するので、勤続年数はとても大切なポイントです。アルバイトの場合なら、基本的に1年以上、最低でも半年以上働いている状態であれば大丈夫です。
それから、ローンやクレジットカード、分割払いの滞納は絶対しないようにしておきます。
そして、クレジットカードを定期的に利用して支払いもきちんと行っている、という記録を信用情報に残すようにすると、審査の時にプラスに働くことがあるといいます。ですが、これはプラスに働くことがある、ということなので、無理矢理こうしなければいけない、ということではないです。
定期的な収入を得るようにして、支払いの滞納をしない、ということを気をつけていればいいです。

プロミス審査と信用情報の内容

プロミス審査では他社の金融業者と同じように、信用情報をとても重要なものだと考えています。
信用情報は簡単に言えば、個人の金融機関との取引履歴の情報のことです。
信用情報は、シー・アイ・シー、日本信用情報機構、全国銀行個人信用情報センターの3つの機関で管理されています。どのような情報が記録として残るのか、というと、ローンやクレジットカードに申し込みなどは残ります。申し込み先、氏名、生年月日、電話番号などの個人情報、申し込み日、利用した商品の種類などです。保存期間は最長でも6ヶ月で、審査に通過して契約を結んだときにその内容が記録されていくといきます。
たとえば、プロミス審査に申し込みをしただけでも記録として残る、ということです。
契約した、ということは解約しなければいけないのですが、解約後でも最長で5年間は保存されます。
そして、返済が3ヶ月以上滞ると、それを延滞として記録し、事故情報として残ることになります。延滞が続いている状態が長く続くと、業者の側から契約を解約されてしまうこともあるのですが、これを強制解約といいます。これも最長で5年間は記録を保存されているので、借り入れをしたら、計画的に返済することが大切です。

プロミス審査を通過してから利用できる無利息期間

最近は金融業者によって、無利息期間というものを儲けているところが増えてきています。
プロミスもその無利息期間を設けていて、プロミスを初めて利用する、というときなら、30日以内にメールアドレスを登録してWEB明細に申し込んだ人は、30日間無利息で借り入れをすることができるようになっています。つまり、30日以内に全額返済をするようにしておけば、手数料を除く費用がかからないということなのです。
利息というのは、借り入れをするときに1年間にかかるレンタル料のようなものです。利息は金利であらわすことができて、パーセンテージで表示されます。たとえば、18パーセントの金利で10万円借り入れをしたとして、金利かける元金という計算で1年間にかかる利息は1万8000円です。これと元金を合わせて、11万8000円を返済しなければいけなくなります。
プロミスの無利息期間はその言葉通り、利息がかからない、ということなので、元金をそのまま返済すれば返済が終了する、ということになります。
ですが、無利息期間を一秒でも過ぎた場合は利息がかかってしまうので、きちんといつまでなのかを把握しておくことが大切です。