freecaching

プロミス審査は担保と保証人が不要

プロミス審査で問われる条件は、満20歳以上65歳以下で収入が安定している方です。担保と保証人に関しては不要であり、不動産を用意したり、配偶者の同意を得たりする必要はありません。学生も融資可能ですが、学生の場合は20歳以上であることが条件となります。

無担保の融資という性質上、未成年では借りることができないのです。フリーキャッシングのプロミス審査は素早く、即時対応でその場で借りることができます。

本人確認書類として免許証、健康保険証、パスポートなどを用意してください。

収入証明に関しては希望額50万円までは必要ありません。お仕事をお持ちで安定的な収入を得ていれば、プロミス審査に通過できるはずです。

借入できない場合は、他社からの借入が大きい、借入件数が多いなどの理由が考えられます。

フリーキャッシングの審査では、他社借入状況は必ず問われることになります。他社からの借入分が大きくなると、プロミスへの返済にも影響してきます。安全に無理なく返済するためには、借入先は0件で申し込むのが理想と言えます。

ただし、過去の借入件数に関しては、現時点で完済していれば何件でも問題ありません。完済実績があれば、プロミス審査では有利になるでしょう。

フリーキャッシングと総量規制について

プロミスのフリーキャッシングは総量規制の対象です。大手銀行系のローンですが、銀行ローンとは異なるのです。

吸収合併されて銀行になった場合は銀行ローンになりますが、プロミスの位置づけは銀行系の消費者金融です。そのため、従来の消費者金融と同じく総量規制の対象になります。フリーキャッシングで借りられる限度額は年収の3分の1です。

総量規制で注意したいのは、3分の1以内だから借りられるとは限らないことです。

年収300万円の方は、法的には100万円まで借りることができますが、最終的な融資額はプロミス審査により決められます。

総量規制では100万円まで借入可能でも、実際の金額は30万円や50万円になるかもしれません。具体的な金額については、審査を受けるまでわかりません。

総量規制については否定的な意見もありますが、借りすぎを防げる利点は大きいです。ローンは借りすぎてしまうから返済不能になるのであり、借りすぎなければ問題なく完済できるのです。年収の3分の1という上限額は、決して低い金額ではありません。

フリーキャッシングの利用者には、利用額は10万円以下という方も多いのです。少なく借りて早く返すのが賢い利用法です。

プロミス審査前にお借入診断を受けておこう

プロミスのWEBサイトでは、無料でお借入診断を受けることができます。生年月日、年収、現時点での借入総額を入力するだけで診断できます。

ここでの他社借入には、ノンバンクのキャッシングローン以外は含まれません。クレジットカードのショッピング枠、自動車ローン、住宅ローンなどは除外されますし、銀行のキャッシングに関しても含まれないのです。

あくまで消費者金融などのノンバンク系の多目的ローン利用額がポイントとなるのです。簡易診断を受けて融資可能と診断されても、本審査に通過するという保証はありませんが、かなり精度の高い診断であることに違いはありません。

フリーキャッシングの本審査では様々な項目に入力する必要がありますが、一番重要なのは返済能力の有無です。

年収と他社借入がわかれば、大まかな返済能力は判断できるのです。簡易診断は高精度なので、こちらを試してから本審査に移行するのが正しい流れです。プロミス審査の結果は、個人信用情報機関に残されてしまうのです。

通過する可能性の高い審査には挑戦するべきですが、落ちる可能性が高ければ避けるのも戦略です。キャッシングは借りやすい金融機関から先に審査を受けるのが基本です。

返済シミュレーションをしてプロミス審査に備えよう

プロミス審査の前に返済シミュレーションを行っておきましょう。プロミスのWEBサイトで返済金額、返済期間、借入可能額などのシミュレーションを行うことができます。安全に借りるために一番大切なのは返済期間になります。

フリーキャッシングの金利は自動車ローン、教育ローンなどと比べて高めなので、早期完済プランを立てて利用したいものです。

金利が少しくらい高くても、返済期間を短くすれば利息を抑えることができます。利息の支払いを抑えるには、事前の返済期間シミュレーションが大切です。

※ 例えば、10万円を借りて毎月1万円ずつ返済する場合は完済まで11ヶ月かかります。利息が9,000円くらい発生するので、10ヶ月では完済できないわけです。これが20万円の借入になると、毎月1万円ペースだと完済までに24ヶ月かかります。10万円借りた場合と比較して、完済までに2倍以上かかるのがわかります。

フリーキャッシングは早く返済すればするほど、短期完済が可能となり利息の支払いを抑えられるのです。

利息の支払額を抑えるには、契約後にシミュレーションをするのでは遅いです。プロミス審査の前にシミュレーションをして、借りすぎないことが大切なのです。