entaikinhassei

プロミス審査の段階で金利はわかる?

プロミスのフリーキャッシングの年率は4.5%~17.8%です。この範囲内で設定されますが、プロミス審査が終了して融資決定するまで金利はわかりません。具体的に何%に設定するかプロミスが審査で決めていくからです。

ただし、初回の借入においては17.8%の設定になるのが有力でしょう。ほとんどのキャッシングに言えることは、初回においては上限金利での融資になることです。

契約後にコツコツ返済して信用を積み重ねれば、交渉次第で金利を引き下げることは可能です。

また、利息制限法により100万円以上借りれば、15.0%以下の金利になります。80万円から100万円に枠増額をしたときに金利が下がるのは、利息制限法が関係しています。10万円以上100万円未満の融資では、最高金利18.0%なのです。

利用前にシミュレーションがオススメ!

キャッシングの金利は事前にはわからないので、上限金利でシミュレーションしておくのが好ましいです。

低金利を予測していて、高金利が設定された場合は当てが外れるでしょうが、最初から高金利での借入をイメージしておけば失敗しません。

消費者金融の上限金利の多くは18.0%ですが、プロミスは0.2%低くなっています。銀行系のキャッシングなので、安心して借りたい方におすすめです。

延滞利息は支払わないように工夫

プロミス審査のとき、無理な借入計画を立ててしまうと返済で困ります。延滞をすると20.0%の延滞利息が発生してしまうのです。

延滞利息は遅延利率や遅延損害金とも呼ばれており、借入利率とは別に発生します。17.8%で借りていて延滞利息も加算されると37.8%になってしまいます。延滞するほど返済が大変になり、さらに遅延するという悪循環になるのです。

延滞利息は返済期日までに返済していれば絶対に発生しないものです。

返済日に遅れた場合

日数計算で延滞利息が発生します。返済日の翌日に返済した場合は、1日分の遅延利息が発生するわけです。

遅延してしまう理由の多くは、借りすぎて返済が厳しくなるからです。忙しくて返済を忘れるケースはそれほど多くはありませんが、心配な方は口フリと呼ばれる口座振替で返済することをおすすめします。

プロミスの口フリ(口座振替)を利用する

kofuri手数料0円で毎月口座から自動振替されます。申込み方法はインターネットから利用可能なので、プロミス会員のサービスになります。

ATMや窓口に出向く必要がないので、忙しい方に最適です。

毎月の返済に出向くのが面倒くさい、日々の生活で「うっかり」返済日を忘れて返済が遅れてしまうなどの失敗も、口フリで解決!

取引銀行によっては、5日、15日、25日、末日に対応してくれます。

給料日の数日後に設定するのがおすすめなので、25日給料日の方は末日に設定するのが無難でしょう。

給料日から離れすぎると、口座から出金してしまうミスも増えるはずです。

プロミス審査に合格するには

プロミス審査に合格するコツは、今必要な金額だけ借りることです。審査で行える対策というのは、実際には非常に少ないものです。

過去に遅延をした事実は消すことができませんし、仕事を変えることも難しいでしょう。勤続年数や年収をごまかしてもバレるので、結局は現在の属性のままプロミス審査を受けるしかありません。プロミス審査において、自分が行える確実に効果のある対策は少額融資に抑えることなのです。

これはすべてのキャッシング、カードローンに共通する対策です。

借りる金額が少なければ、短期間で返済可能なので遅延する確率も低くなります。返済期間と遅延リスクは比例すると考えていいでしょう。

延滞利息を発生させてしまう方も、借りすぎているケースが多いです。返済期日に遅れると延滞利息が発生するだけ損をします。

それはローンの利用者であれば、みんな知っていることです。それでも遅れてしまう理由は、借りすぎによる債務超過しかありません。プロミス審査に合格したい方は、長期ローンを組まないことをイメージしましょう。

キャッシングの本来の目的は短期借入であり、長期借入用ではありません。住宅ローンや教育ローンなどの代用としては向かないのです。

プロミス審査は20歳から受けられる

プロミス審査を受けられる年齢は20歳からです。

69歳以下まで申し込むことができますが、ローンの利用経験がなく69歳になってはじめて借りようとしても審査に通過するのは困難です。キャッシングを利用する年齢は、20歳以上であれば早ければ早いほどいいです。

30歳でローンをはじめて利用するよりも、20歳の時点で借りていたほうがよいのです。

若いころからローンを利用することで、ローン実績を作ることができるからです。個人信用情報機関には過去のローン利用履歴が残っています。

債務整理をしてブラックリストに登録された場合も情報が残りますが、優良情報もそのまま残るのです。

過去にローンを利用して1回も延滞がなければ、プロミス審査の通過率はかなり高くなるでしょう。延滞利息を支払った経験がある方は、延滞情報も記録されています。延滞日数にもよりますが、長期間続くと審査に通過できなくなります。

※ 3ヶ月以上遅れなければ信用情報には登録されないという方もいますが、これにはまったく根拠がありません。

延滞日数に関係なく、たとえ1日でも延滞すれば延滞情報として残ります。プロミス審査を受ける方も、将来の他社ローンの利用を想定して、遅延しないように借入をしましょう。