denwazaisekikakunin

プロミス審査とその内容

プロミス審査に申し込みをすることができる条件などをきちんと知っておくのは大切です。

まず、プロミス審査に申し込みをすることができる年齢ですが、満20歳から69歳までです。そして、本人にしっかりとした毎月の安定した収入があるということも条件です。

プロミスでは審査の申し込みや借り入れに雇用形態などは関係がなく、一定した安定のある収入がある、ということを重要と考えているので、主婦の人や学生、それからパートやアルバイトだったとしても、安定した収入がある、と判断された場合は利用することが可能になります。

ただし、利用限度額には年収なども関係してくるので、少し差があることは知っておくといいです。

また、プロミス審査では、融資が可能かどうかの判断を行うときに、申し込み者の方を属性ごとに分類して点数をつける、というシステムの属性スコアリングシステムというものを採用しています。

この審査項目は、勤務先、その会社での勤続年数、その人の年収や今までの勤務状況などのほかに、年齢や家族構成、居住形態や居住の年数、加入保険種別、電話区分なども関係があるといいます。

このシステムを利用することで、コンピューターで自動的に結果を出すことができるようになり、短時間で公正で一貫性のある判断をすることが可能になったということです。

プロミス審査と信用情報

プロミス審査では、他社と同じように信用情報を利用して審査を行っています。

信用情報とは、クレジットやローンの契約、申し込みに関しての情報で、客観的な取引事実を記録してある個人の情報のことをいいます。審査は年収以外にもとても多くの審査項目があります。

信用情報だけなら、過去に融資を受けたことがある金融機関で利用した借り入れをしっかりときれいに返済し終わっておくことで審査に通りやすい人になることができます。

信用情報をきれいにしておくには、返済の延滞は絶対にしない、自分にあった金額を借りてきちんと返すという実績を積んでおく、借り入れ金額よりも借り入れした件数を少なくする、一度にたくさんの申込みをしたりしない、ということが大切です。信用情報は信用情報機関というところで管理されています。

これをそれぞれの金融業者の会社から見ることができるようになっているのですが、契約している金融業者以外は見ることができないので安心です。

信用情報で確認するのは、先にも書いたように、返済の遅延や債務整理などを行っていないか、金融業者を利用したときにトラブルを起こしたりしていないか、などです。きちんと返済をしてきた人は安心して大丈夫です。

プロミス審査の在籍確認は重要な作業

プロミス審査では審査の最後に電話で在籍確認を行います。

在籍確認というのは、借り入れを申し込んだ金融業者から申し込み書に書かれている勤務先に電話をかけて、本当に申告通りの勤務先に勤めているかどうかを確認するものです。

在籍確認は審査の中で重要な工程といえるものです。在籍確認でプロミス審査だとわかったりしないか、という不安もあるかもしれないですが、在籍確認をするときは、絶対にプロミスという会社名を名乗らずに個人名で電話をかけます。

それに電話は非通知でかけることになっているので会社から折り返すこともできないということです。

なので、プロミスからの電話だということはわからないので安心です。どうしても会社や勤務先に電話で在籍確認をしてほしくない、という人もいます。

そういう場合は、なぜ在籍確認の電話をしてほしくないのか、という理由をしっかりと説明して、プロミスの担当者に相談するようにするといいです。

自分に電話がかかってくることはないのでバレる可能性がある、などの理由をはっきりと伝えて、在籍確認の方法を一緒に考えるようにすることもできます。

もしどうしても無理な場合は、その会社や勤務先に在籍しているとわかる証明書などを用意しておくといいです。

プロミス審査への申し込みのときの対策

プロミス審査に申し込みをするときにできる対策などはあるのか、というと、それはとても簡単な方法です。

申し込み書を正しく、丁寧に記入していく、ということが対策です。実は、申し込みをするときに焦ってしまったり、おぼろげな記憶で書いてしまい、誤字、脱字が多く、さらに空欄ばかりで埋められていない項目がたくさんあって正確な審査ができない、ということで審査を否決されることもあるといいます。

また、属性を上げたいということで、偽った申請をしたとしても、勤務先へ行う在籍確認信用情報の確認などで絶対に発覚します。

なので、申し込み書は正確な情報をきちんと記入して、丁寧に誤字脱字などのないように確認し、空欄もできるだけ書いて提出するようにしておくことが大切です。

申し込み書を書くときには、あらかじめある程度の情報を自分で調べて、書かなければいけないことをきちん確認しておくと間違えたりせずに記入することができるようになります。

また、申し込みをするときに必要なものなどもきちんと準備しておくことでスムーズに審査を進めてもらえるようになるので短時間で借り入れをすることができるようになるということです。