プロミスの商品には目的別ローンがあり、資金用途が定められたローンとなっています。金融機関の多くは目的別ローンを提供していますが、このプロミスは目的別ローンは本当に有利にお金を借りれるローンかどうなのかが気になったので詳しくしらべてまとめてみました。

まずはプロミスの目的ローンの金利や限度額についての詳細情報をチェックしていてみましょう。

プロミスの商品詳細

金利(実質年率):6.3%~16.5%
融資限度額:1万円~300万円
遅延利率(実質年率):20.0%
返済方式:元利均等返済方式

目的ローンの詳細はこのようになっています。金利は消費者金融の中では若干最大金利が低くなってはいるものの、銀行と比較してしまうとやはり金利の高さが伺えます。また、この金利は新規契約された方のみが適用される金利です。

目的ローンの返済について

プロミスの目的ローンの返済は毎月6日と指定されています。フリーキャッシングと違い自分の好きな返済日を指定したりする事は出来ないので、給料日の関係で6日の返済日が不便と感じる事があるかもしれません。ちなみに返済方法は指定金融講座から自動的に引き落とされるシステムとなります。

何に利用出来るのか?

実はこのプロミスの目的ローン、他社と違い、目的が縛られていないのが特徴です。他社の場合は旅行や冠婚葬祭といった細かな点まで種別訳されてしまいますが、プロミスの目的ローンは、基本的に何に使うかを指定さえすれば目的ローンを利用する事が出来るという自由度の高さがあります。

ですので、もし他社の目的別ローンでご自身が目的とするものがない場合はプロミスの目的ローンに申込をする事が出来ます。

申込方法について

目的ローンの申し込み方法はプロミスコールか店頭窓口でのみの申込となります。手軽に申込が出来るインターネットからの申し込み方法がないのが残念ですが、電話でもスピーディーに申込をする事が出来ますので安心です。

ただ、やはりWEB申込が出来るフリーキャッシングと比べると利便性は大分落ちてしまうというのが個人的な感想です。こういった消費者金融はサービスの面が充実しているのが売りですので、金利の低い目的ローンがWEB申込出来ないというのはマイナスポイントですね。

申し込みに必要なもの

申込時に必要なものはフリーキャッシングよりも少し多くなります。では必要になる書類について確認してみましょう。

◆本人確認書類
運転免許証・健康保険証・パスポート・在留カード・特別永住者証明書・外国人登録証明書のいずれかの書類が必要です。

◆銀行届出印
振込先の金融機関の届出印を準備しましょう。

◆収入証明書類
これは希望する借入額が50万円を超える場合や、希望借入額+他社での利用残高の合計が100万円を超える場合に必要になります。それ以下の場合は必要ありません。

収入証明書類は源泉徴収票、確定申告書、給与明細書が該当します。源泉徴収票と確定申告書は最新のもの、給与明細書は直近2ヶ月と1年分の賞与明細書が対象となります。

目的ローン評価まとめ

消費者金融の目的ローンの中では比較的低金利で自由度の高いローンと感じます。固定された目的が指定されている訳ではないので様々な場面に対応させれるメリットがありますね。

ただ、銀行の目的別ローンと比較するとどうしても高金利に感じてしまいます。また、申し込み方法が電話が店頭窓口しかないのが少し残念だと感じました。

まずは銀行の目的別ローンに申込をして、もし審査に通過できなかった場合にプロミスの目的ローンに申込をするという優先順位度で良いのではないでしょうか。