プロミスには複数の借金を一つにまとめる事が出来る「おまとめローン」専用の商品があります。

複数社からの借入を一本化する事で毎月ある返済日も一度にまとめる事が出来ますし、現在借入しているところよりも低金利でまとめる事が出来れば返済総額も減らす事が出来る非常に優れたローンとなっています。

ここではプロミスのおまとめローンに関する評判やメリット・デメリットについて掲載していますので参考にしてみて下さい。

プロミスのおまとめローン 商品情報

金利(実質年率):6.8%~17.8%
利用限度額:300万円
遅延損害金(実質年率):20.0%
返済方式:元利定額返済方式

おまとめ専用ローンといってもフリーキャッシング自体の金利と一切変わらないのでお得にまとめれるかどうかが少し疑問に感じます。

また、利用限度額もフリーキャッシングより200万円低い300万円の設定となっています。

おまとめ対象となるローンは、消費者金融やクレジットカード等におけるキャッシングが対象となり、銀行のカードローンやクレジットカードのショッピングはおまとめ対象外となります。

プロミスのおまとめローンのメリット

◆総量規制対象外で利用可能
消費者金融は総量規制の対象となり年収の3分の1以上の借入を行う事は出来ませんが、おまとめローンは借り手に有利となる商品ですので総量規制の対象外となります。

よって年収の3分の1を超える額でもおまとめ目的なら借入する事が出来るメリットがあります。

◆毎月の返済回数を一つに出来る
複数社借入していた借金を一つにまとめるのですから、毎月あった複数社の返済を一度にまとめる事ができ、毎月の返済手続きの手間を一つにする事が出来ます。

◆返済総額を減らすことが可能!
現在借入しているところよりも低金利で一本化する事に成功すれば返済総額を減らす事が出来るメリットがあります。

ただし、プロミスのおまとめローンは金利が高めですので、あまり期待出来ないかもしれません。

プロミスのおまとめローンのデメリット

◆返済総額が増える可能性もある
返済総額を減らす事が出来る可能性があるメリットの反面、逆に返済総額が増えてしまう可能性もあります。

現在借入している所の金利とプロミスのおまとめローンの金利をしっかりと比較して利用する必要があります。

プロミスのおまとめローンの前に銀行おまとめローン

プロミスのおまとめローンは残念ながら低金利とは呼べません。おまとめローンを組むのであればあず最初に銀行のおまとめローンを利用する事をオススメします。

ちなみに楽天銀行のおまとめローンは4.8%~13.5%で融資限度額が700万円、じぶん銀行の借り換えコースは3.4%~12.5%で融資限度額が500万円と、プロミスよりも大幅に低い金利が実現しています。

まず、おまとめローンを利用するのであれば銀行のおまとめローンを第一に申込をして、審査に落ちてしまった場合にプロミスのおまとめローンを利用するという順序が確実かと思います。

 

パスp

 

文字数: 1061 11:34:22 am に下書きを保存しました。

公開

 下書き 編集
 公開状態: 公開 編集
 すぐに公開する 編集

カテゴリー

タグ

タグが複数ある場合はコンマで区切ってください

よく使われているタグから選択

レイアウト

コンテンツエリア

サブコンテンツ
サイドバー

インデックス/フォロー

index
follow

アイキャッチ画像

<h1>の文字

canonical URL

関連記事設定

左から「記事タイトル」「記事URL」を入力して下さい。
リンクを新ウィンドウで開きたい場合は、右のチェックボックスにチェックを入れて下さい。

  1.   
  2.   
  3.   
  4.   
  5.