プロミスの審査に落ちるのが怖いひともいるかと思います。

もう落ちちゃった人は他社での申し込みになりますが・・・

プロミス審査を受ける前に店頭に行かなくても審査結果が分かるネット申し込みが便利です。

プロミス審査が不安ならネットで完結

お金がどうしても足りなくなってしまった場合、あるいは足りなくなるであろうと予期できる場合、なるべくはやくお借入れをする決断をしましょう。ただ考えていても、お金は増えません。

余裕の少しでもあるうちに決断をしたほうが、選択肢が多いのです。お借入れをしたことがない人の場合、とても不安に思うことも多いでしょう。

けれど、お借入れというのは珍しい行為ではありません。今はweb契約と言って、インターネット経由で簡単にお借入れができる時代です。

このweb契約を利用すると、店頭に一切出向かなくても、お金が借りられます。人に見られることもありません。インターネットさえできれば、自分の口座にお金を振り込んでもらえる時代です。

例えば、三井住友銀行グループのプロミスならば、パソコンでもスマホでも携帯でも申し込めます。

しかもweb契約ならば、24時間お申し込みが可能です。ちょっと時間のある時に、こっそりと申し込めます。自動審査であっという間に審査が終わってしまいます。審査に時間のかかると、段々と不安になっていくものでしょう。

けれど、プロミスのweb契約ならば、最短で1秒くらいで審査の結果を回答してくれます。そして、手際よくお申し込みが進めば、即日融資も可能なのも、利用しやすい理由です。

プロミス審査のweb契約の流れとは

web契約でプロミスからお借入れしたい場合、お申し込みは1年中いつでもお申し込みが可能です。

24時間いつでも可能です。深夜にお金を借りようと決断したその時にも、すぐにお申し込みが可能です。ただし、自動審査が可能な時間は午前9時から午後9時までとなりますので、注意してください。

必要書類はお借入れの金額が50万円を超えなければ、本人確認書類だけで大丈夫です。運転免許証、健康保険証、パスポートのどれかがあれば大丈夫です。

それを写真に撮って、指定の所にネットで送ればいいだけです。コピーなどをしてくる必要はありません。スマホであれば、プロミスのアプリをインストールしてそれを利用すると、簡単にお申し込みができます。なお、平日の14時までに契約が完了したら、即日融資が可能です。

ですから、即日融資希望であれば14時までには契約が終わるように申し込みましょう。その後、プロミスからカードローン用のカードが郵送されてきます。

このカードがあれば、どこにいてもキャッシングや返済が可能になります。このカードを郵送してもらいたくない場合は自動契約機か、自走契約機に出向いて、そこでカードをもらってもよいでしょう。

お借入れの前にプロミスのwebをチェックするととても便利

お借入れというのは決断が必要なことなので、迷うこともあるでしょう。不安なこともあるでしょう。

誰かに気軽に相談できることとも違うので、1人で思い悩んだりすることもあるでしょう。そのように不安に思う場合、まずはプロミスのwebをチェックしてみましょう。

わからないことの多くはそのページを読むと解決できるでしょう。

お借入れ診断や返済シュミレーションもできます。ですから、お借入れしてからのことに返済をイメージしやすいです。また、返済早見表なども参考になるでしょう。

返済が終わるまでに、最終的にどのくらい払うことになるのかをわかっているのと、計画が立てやすいです。特に、経済的にかなり苦しい時には自分の想像している金額よりも返済金額が多いと、途中で返済が厳しくなってくるということも起きる可能性があります。

店頭で色々相談しながら契約する場合には返済について色々相談もできるでしょう。しかし、web契約ですと、誰かに相談をして契約まで進めるわけではないので、その点が不安に思う人もいるでしょう。

プロミスのwebはとても見やすくて親切なので、まずはじっくりとチェックしてみましょう。チェックした後こそ、安心してお借入れできる金融会社だとわかるでしょう。

審査が不安な場合オペレターが親身に応えてくれます。
何度か相談した時は毎回女性のオペレーターが応えてくれました。
promise
プロミス公式ページ

プロミスには豊富な返済方法がある

お金を借りる前にしっかりとチェックしておくべきことは自分に都合のよい返済方法があるかということです。

多くの人にとって、返済は自分が返済しやすい方法で、少しでもはやく返済を終わるのが最も良いはずです。少しでもはやく返済できれば、それだけ利子がかからないので、返済金額が少なくて済みます。

口座振替で毎月自動的に返済したい人もいれば、ネットバングを利用してスマホなどから振り込みたい人もいるでしょう。

プロミスでは三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ジャパネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行を利用している場合、24時間いつでも返済できます。

他に、近くのプロミスの店舗やATMからの返済や、プロミスのステッカーの貼ってあるATMからの返済可能です。

またコンビニからもLoopi、ミニストップLoppi、Famiポートなどの返済手数料無料で返済できます。その他、最寄りの銀行からお振り込みで返済もできます。

この通り、プロミスでは返済方法も豊富です。ですから、とてもお借入れしやすいです。もちろん、web契約で申し込んで、その後の返済もすべてネット経由で返済することも可能です。

要するにプロミスを誰にも気づかれずに利用することが可能です。カードローン用のカードが郵送されてきますが、プロミスだとわからないようになっています。

また、カード受け取りを自動契約機か店頭にすると、カードが郵送されてくることがありません。このように、プロミスのweb契約はとても使いやすく、信頼ができます。

プロミスには様々な種類のカードローンがある

プロミスのフリーキャッシング

一般的に一つの金融機関では、一種類のカードローンしか用意されていないことが多いです。
しかしプロミスには様々な種類のカードローンがあり、フリーキャッシングもその一つです。

フリーキャッシングは担保や保証人がいらないカードローンです。利用限度額は500万円までとそれほど高くはありませんが、この範囲内であれば、出し入れ自由のリボルビングシステムが採用されます。自分のタイミングで必要な金額だけ借入ができます。利息は借入利率4.5%~17.8%が適用され、借入利率17.8%で10万円を30日間借りても、1463円しか利息が付きません。キャッシングの方法は、インターネットや電話によって指定の口座に振り込み、プロミスATM、提携するATM、店頭窓口と顧客のライフスタイルに合わせて選べます。最短10秒で振り込まれます。24時間いつでも申し込みができ、振込手数料もかかりません。

銀行口座が三井住友銀行またはジャパンネット銀行にある場合は、「瞬フリ」サービスが受けられます。それほど大金が必要ではないが、給料日前に少しお金が欲しい人に向いているカードローンです。申し込みには、運転免許証など本人確認書類が必要です。

プロミスのおまとめローン

いくつかの金融機関のカードローンを利用していると、借入が分散して利息を払いすぎる可能性があります。
それを解決するのが、プロミスのおまとめローンです。おまとめローンでは、複数社からのカードローンをプロミスで一本化して、返済するのを一箇所にまとめることです。よって他者のカードローンを複数利用している人や、総量規制以上の借入を行っている人が対象となります。
おまとめローンのメリットは、まず毎月の返済額が減り、返済日も月に1回となります。プロミスでは毎月5日、15日、25日、末日の中から契約者の希望に合わせて返済します。金利の範囲は6.3%~17.8%で延滞すると20.0%になりますが、低金利であると言えます。おまとめローンは、借入前よりも金利が低くならないと、返済が楽にはなりません。多くの借り入れをまとめるため、返済期間も長くなります。プロミスは、他の金融機関より金利が安いので、おまとめローンによって、多くの人が毎月の返済の負担から解放されます。申し込みできる年齢は20歳~65歳以下です。安定した収入が条件ですが、正社員でなくてもパートやアルバイトで毎月一定の給料をもらっていれば、審査に通ります。

プロミスの自営者ローン

プロミスには、一般消費者向けのカードローン以外にも、自営者が対象となるカードローンを用意しています。それが自営者ローンで、いくつかのメリットがあります。まず銀行などの用途が決まったカードローンよりも、借入に苦労している自営者の立場を考慮して審査を行っています。プロミスでは、事業資金に充てるだけでなく、フリーローンとしても利用できます。つまり自営者として借入金を事業資金に限定して用いるという面倒な手続きを省くことができます。また審査が早いです。信用金庫などでは手厚い融資を受けることができ、事業を安定的に進めることができますが、手続きを何度も行う必要があります。自営者にも早急に資金を用意しなければならない場合があり、最短即日で融資を受けられる自営者ローンは魅力的です。全国に設置されている店舗や自動契約機を使えば、時間をより短縮できます。自営者カードローンは、通常のフリーキャッシングなどと異なり、インターネットでの申し込みができません。よって自動契約機や店頭窓口、電話、郵送のいずれかの方法で申し込みます。記入項目が一般向けとは違いますが、窓口の担当者やオペレーターの指示に従えば、手続き自体は難しくありません。

プロミスの目的ローン

カードローンには、フリーローンとは別に目的ローンというものがあります。毎日の生活の中で、まとまったお金が必要になることがあります。
しかし何故お金が必要かによって、どのカードローンを申し込むのか変わる場合があります。プロミスの目的ローンでは、お金を使う明確な目的があり、それを証明する書類を提出することで、融資を受けられます。教育資金や結婚資金などが対象となります。フリーローンをあえて選ばないのは、金利が非常に安くなるためです。
プロミスでは年6.3%~16.5%で、1万円~300万円まで借入ができます。返済日は毎月6日に、指定の金融機関口座から自動で引き落とされます。最初に返済計画を立てておくと、その後は返済日を気にしなくて良いです。返済期間は最長6年まで設けられているので、様々なライフイベントに関わる資金の調達が可能です。
目的ローンは、インターネットからの申し込みは受け付けておらず、店頭窓口のみの対応となります。申し込みには、運転免許証が必要です。さらに希望する金額が50万円を超えている場合や、他者の残高と希望する借入額を合わせて100万円を超える場合は、収入証明書を準備します。

プロミスの契約期間と契約満了について

プロミスの契約期間について

プロミスは審査をして、実際に審査に通れば契約ができ、実際にキャッシングができます。プ審査に必要なのは20歳以上、69歳以下という年齢制限に加え、正社員に限らずパートでもアルバイトでも安定した収入がある人となっています。一度審査に通れば、どのくらいの期間契約が有効なのでしょうか。一度返済してしまうと、再び審査が必要なのか、それとも何度でも借り入れができるのか気になる場合も少なくないでしょう。
プロミスは初めて契約した日から五年間、その契約が有効であり、その五年がプロミスの契約期間となります。その期間内であれば何度でもお金を借ることができます。そのため、25歳で契約をすると30歳まで契約が有効であると考えられます。
以前契約をしていたといてカードを持っている、解約していないという人はカード番号と暗証番号を使ってログインをしたら、ご利用限度額の確認や、実際のキャッシングを行うことができます。
カードを持っていなかったり、なくしてしまったが、まだ五年は経過していないというときにはフリーダイヤルや、自動契約機やサービスプラザでまだプロミスの利用が審査を経過せずに可能かどうか確認してもらいましょう。

プロミスの契約期間の延長したいときは

プロミスを使い始めて五年の契約期間が経過しそうだが、また必要な時にはキャッシングをしたいと考えていれば、契約の延長を具体的に検討する方も少なくないでしょう。
契約期間は五年と定められていますが、これは最長の期間というわけではありません。もちろん、必要に応じて契約期間を延長することもできます。契約期間の満了日前にあらかじめ契約を解除したい旨の連絡をプロミスにしなければ、基本的に自動的に延長されます。そのため、使っている間は契約期間を具体的に意識する必要がありません。
五年後の契約期間を更新した後の、さらに五年後、すなわち十年後の契約期間の更新も規約等が変更されない場合はこの契約期間が適用されます。ただ、規約等は変わる可能性があるため契約満了前にはあらかじめ確認しておきましょう。
そのため、契約の延長をしたいときは気にする必要はありませんが、契約を延長したくない場合には注意が必要です。契約を解約する場合、延長しない場合には契約の満了日よりも30日以上前にプロミス側に契約の延長をしない旨を伝える必要があります。そうすることで、契約満了とともにキャッシング等の利用ができなくなります。

プロミスの契約期間満了前に契約を解除したい場合には

プロミスと契約すると、五年の契約期間があります。この期間内は必ずプロミスと契約をしておかないといけないというわけではありません。困っていた時期を脱したためもう必要ないから、プロミスカードを持っていると気軽にお金を借りてしまいそうだからなど様々な理由で契約を解約したいと考えることもあるでしょう。
最低一年以上使わなければならないなど、こうした契約を終わらせる期間には特に制限はありません。
もちろん返済中であれば利用中とみなされ解約はできませんが、返済が終わり、プロミス側とのやりとりが必要なくなれば事情が変わってきます。そうしたときは、利用者側からカードを解約して、契約を満了前に終わらせることができます。
その場合には所定の手続きを踏みましょう。
カードを破棄してしまえば終わりというわけではないため、注意が必要です。プロミス側にあらかじめ連絡が必要です。プロミスでは会員サイトや自動契約機などで基本的なことは対処できますが、解約だけはプロミスコールやお客様サービスプラザに電話が必要になります。
時間を見つけてそれらの場所にアクセスし、そこで定められた解約方法を得ることで、正式な契約期間の解除ができます。

プロミス側から契約期間を終了させる場合

利用者側の都合により、契約期間を終了させることができますが、プロミス側からも五年の期間を経過を待たずとも契約を終了する場合があります。そこにはいくつかの条件があります。まずはキャッシングしたお金を返し終えてから一年が経過したときです。ただ必ずしも契約が終わるわけではないため、可能性としてとらえておきましょう。
また貸金には様々な決まりごとがあり、そうした決まりごとに違反する場合には契約の解除が行われます。
また、お金を借り入れ中に破産等の環境の変化があった場合にも、この契約終了の規定に該当します。
プロミスカードの規約にはこうした決まりごとが分かりやすく明記されているためあらかじめ確認しておきましょう。
必要なときにいつでも審査を受けてカードを作っておくというよりは、申し込みをする場合には、お金がどうしても必要だと感じるときが多いでしょう。そんなときは必ず審査に通りたいと虚偽の内容を書いてしまいたくなるかもしれません。しかし、お金の貸し借りは信用問題です。虚偽の申告は契約の解除の要件となる可能性もあるため、絶対に控え、返済等の記述は必ず守るようにし、何か困ったことが起きれば直接相談してみましょう。